グラゼニ(4) (モーニング KC)

  • 講談社
3.83
  • (22)
  • (58)
  • (40)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 437
感想 : 28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063870961

作品紹介・あらすじ

エースの発熱により急遽、先発を任された夏之介。でもコレ実は、「奇襲」の形を借りた夏之介の「先発テスト」だった! 今シーズン、便利屋的に使われながらも好成績を残してきた夏之介が、投手としてひとつ上のステージに上がるチャンス。そしてそれを自覚する夏之介。「便利屋」を卒業し「先発ローテーション投手」となることができるのか…!?

エースの発熱により急遽、先発を任された夏之介。でもコレ実は、「奇襲」の形を借りた夏之介の「先発テスト」だった! 今シーズン、便利屋的に使われながらも好成績を残してきた夏之介が、投手としてひとつ上のステージに上がるチャンス。そしてそれを自覚する夏之介。「便利屋」を卒業し「先発ローテーション投手」となることができるのか…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何となくジャイキリを思い出しながら読んでたら、なんと実際に巻末オマケで出てきました。野球もサッカーも、娯楽の題材としてはそれこそ出尽くした感が強いけど、違う観点から見てるこれらの漫画、新鮮で面白いす。

  • 樹編よかった。

  • 螟丈ケ倶サ九??ェィ謚倥☆縲ら┬縺」縺ヲ縺溘s縺?繧阪≧縺ェ縺ゅ?よィケ蜈ュ豕「縺ョ繧ュ繝」繝ゥ螂ス縺阪□繧上?ゅリ繝?ヤ謚墓焔繧ゅ↑縺九↑縺九?

  • (01.21.2017)

  • 優勝争い!選手も俄然燃えるわけですね。特に、このままでは年棒が下がってしまいそうな選手たち。クライマックスシリーズで、それまでバンバン打ってた選手が打たなくなることがあったり、つまらなすぎる投手戦になったりすることがあるけど、それも納得しました。グラゼニゆえ、ですね。
    ナッツくん、気になる!応援してます。

  • 前半は先発入りの可能性をさぐる登板に張り切りすぎて骨折する話。高校野球ではスライディングすると拍手が起き、プロは真剣さがたりないと言われるが、凡打で全力疾走していると体力が続かなくなる。どこかで手を抜く必要があるという話。
    後半は二軍選手なのに気楽にプレイする樹選手。プロ意識が弱い0-3なのにバットを振ってきたりする。いいとこに打つがヒットにつながらないのはその意識の差だとする。後半は救世主になる展開ではあるのだが。

  • 土壇場で「私事」だけ考えていた樹と、それに戦犯級ポカという「自分ごと」を助けられた夏之介。どっちも自分のことだけだよ! でも救われる! プロフェッショナリズムは大事だけどそれに徹しきれない人間だもの、こういう美談じゃない美談だってあるよね、というリアルでした。

  • 夏之介先発。

  • 『一流のプロ』とは何か。
    野球は上手くて当たり前。
    ベストコンディションを維持する。
    状況に応じたプレーができる頭の良さがある。
    勝負どころで活躍しチームに貢献する。
    素質だけでは通用しない厳しさです。
    『一流』になりきれない凡田。
    優勝しても素直に喜べない複雑な心境が笑えました。

  • 「便利屋卒業?」…去年の多田野…今何してるんだろうか。今年は洗髪も中継ぎもやってるという意味で言うと、鍵谷なのか。ルーキーだしあまりまだ安心して見られないけども。
    「やったぜベイビー」…9ヶ月で逆子になるってことがあるのかー。
    「抜擢!ナッツ投手」…絶対的エースの葛藤と第2エースの台頭。この話では、とりあえず絶対的エースの立場は守られたと言っていいのかな。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第20回MANGA OPENにて才能を見いだされた異才。得体の知れない短編を数作発表後、「モーニング・ツー」誌上で『The DRIFTERS』を連載。『グラゼニ』では初の原作モノに取り組む。当作品にて第37回(2013年度)講談社漫画賞を受賞。

「2014年 『グラゼニ(15)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アダチ・ケイジの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森高 夕次
有効な右矢印 無効な右矢印

グラゼニ(4) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×