にこたま(4) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.97
  • (38)
  • (76)
  • (34)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 545
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063871050

作品紹介・あらすじ

卵巣腫瘍の手術をした結果、妊娠しにくい身体になったあっちゃん。交際9年のコーヘーとも同棲を解消し、独り暮らしを始める。一方、仕事を辞めた妊娠中の高野さんは、田舎の実家に戻り、独りで子供を育てる準備をするが……レンアイもケッコンもなくなった最後の思春期、第三次性徴白書!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二人とも自分の今の状況を前向きにしようとしているのに、晃平には多少道が見えてるけど、あっちゃんはまだ迷子…
    自分が同じ状況になったらどうするんだろうと考えながら読む。私なら全部相手が悪い‼︎ってキレると思う。

  • 同棲を解消した2人、しかし別れた訳では無い。
    そして、改めてあっちゃんに結婚を申し込むコーヘー。
    しかし好きだけど
    結婚に踏み切れないあっちゃんは断ってしまう。
    そんな時、実家に戻った高野さんが切迫流産で入院!!
    連絡を受けたコーヘーは高野さんの元へ駆けつける…。
    あっちゃんとコーヘーに距離が出来始めた時に
    あっちゃんを気にかける男性・石田さん現る!!
    コーヘーは考えた末にあっちゃんに別れを告げるが……。

    ここまでグルグルしてるなら、
    お互い新しい人生をって思うけど、
    10年の付き合いは長いし重い!!(ノ△T)

  • 揺れ動く心とどさくさに紛れて隙を突いてくる虫!という展開。二人の関係に決着はつくのか?

  • 4巻、リアル過ぎて涙出た。

    これはダメだ。

    5巻読む前にひと息入れるために、スマホから感想文を書きました。

  • 勧められて一気読み。

  • そりゃあっちゃんはいい女だもの、白馬の王子様も現れる。マダム徳永オススメの人肌療法のチャンス到来!

    一方、妊婦のゆうこさんは母親との関係を改めようと模索。

    しなやかに前進していく女たちにひきかえ、コーヘーの情けなさたるや。
    合コンで出会う女子にさえ見透かされるけど、安易に動けないコーヘーの情けなさは愛おしくもある。

  • やっと長かった日々から前に踏み出そうとする男。長かった日々から新たな環境へ身を置こうとする女。夢見がちな男と現実的な女の象徴。長い付き合いで別れた後の不安定な心理がよく表れてる。そこに現るお蕎麦屋さん。ありそうな出会いだなー。そんな不安定な気持ちのところに現れたナイスガイに、そりゃあなびいてしまうよね。お酒も入ってるし。

  • 長く付き合った人と別たときの気持ちの不安定さはリアルでした。
    周りの人間関係もすごくいい。
    新しい登場人物、お蕎麦屋さんの石田さん、とても自然に入ってきましたね。どう物語に絡んでくるのかとても楽しみです。

  • ずっと一緒だった二人が一緒にいることに苦しくなってくる。
    一番切ない巻です。

  • 図書館借用。読んではいけない時期に読んでしまったー。ジコレンビンの涙に共感しすぎて苦しい。全体的に男がナヨナヨしてるよね。現実もこれに近い。女性は辛くても強く生きていかねばならないのか

全52件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

渡辺 ペコ(わなたべ ぺこ)
1977年北海道生まれの漫画家。
2004年、『透明少女』でヤングユー新人まんが大賞ゴールド大賞を受賞。様々な媒体で活躍しており、その中でも『蛇にピアス』『昨夜のカレー、明日のパン』といった二作の小説コミック化に関わっていることが知られる。『1122』(いいふうふ)を連載しており、2019年5月23日に5巻を刊行。

にこたま(4) (モーニング KC)のその他の作品

渡辺ペコの作品

この作品に関連するサイト

にこたま(4) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする