BILLY BAT(9) (モーニング KC)

  • 講談社
3.82
  • (33)
  • (79)
  • (55)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 735
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063871098

作品紹介・あらすじ

「コウモリの巻物」とは?
漫画家が消しゴムを使ってストーリーを描きかえるように……歴史を自由に改ざんできるものだった。そのありかを知る雑風に、再び危機が迫る。そして、かつて人類史上最高の天才が見た恐ろしい地球の未来とは……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前の巻から続けて読んだら、ボンヤリとしか理解してなかった話がようやくわかるようになった。でもまた新しい登場人物が増えたので、気を抜くとまたわからなくなりそう。アインシュタインまで出てきたし。
    歴史の闇的な話は大好物なので、このまま面白い流れのまま最後まで続けてほしい。
    多次元世界って私も時々思うことがあるけど、一般的な概念なのかなぁ?

  • くそう、毎回毎回、良いところで終わって・・・
    気になる、気になる、気になる。

  • 「彼には妙な生活感がある」
    俳優の池辺良に対する明智監督の言葉が深い。

  • アインシュタインの話が面白い

  • “コウモリの巻物”とはーー漫画家が消しゴムを使ってストーリーを自由に描きかえるようにーー歴史を自由に改ざんできるものだった。その在りかを知る雑風に、再び危機が迫る。そして、かつて人類史上最高の天才が見た恐ろしい地球の未来とは……!?(帯より)

    「ビリーバット」は、はるか昔より人知れず伝達されてきたものだということはわかってきましたが、じゃあそもそも一番初めは誰だったんだろう?あと、未だに謎に包まれている「白と黒」とは何なのか?謎は深まるばかり。次巻が楽しみです。

  • 浦沢先生の一大IF歴史サスペンス?最新作。歴史の裏側に見え隠れする“ビリーバット”と偉人達のからみが楽しいす。今巻ではアインシュタイン先生まで登場。そして前半の伏線も回収されそうな予感でする。

  • 話の構成がすごいな。
    映画みたいな構成に読んでいてウキウキします。

  • 行きつけの歯医者さんが、面白いから!と貸してくれました。
    YAWARAちゃんと20世紀少年は同じ人が書いてると聞いて、えーーっ!とびっくりしたら、逆に歯医者さんからは、読んだことないのーー?!とびっくりされました。
    浦沢作品を読んだのは始めてです・・・
    歯科助手さんと一緒に読んでいるので、歯医者さんに行くたびに感想を言い合うのが楽しい♪
    歯医者に行くのが待ち遠しいなんて(笑)

    なんて思っていたら・・・
    もーー!どうせ貸してくれるなら全巻出てからにして欲しかった!!まだ話が続いていたなんて聞いてないよー
    9巻まで借りたけど、そんなに風呂敷広げちゃって大丈夫なの?状態で、全く話が終わりそうにありません・・・
    半年後の定期検診の時には何巻まで出てるかなあ。

  • 正直、期待していなかった。でも、面白い。

  • 今出てる最新巻まで到達。例のごとく、主人公とキーパーソンになりそうな女の子も合流して、これから本格的謎解きが始まる感じ。姿の見えない敵から逃げ惑うさまも、実は身近で意外なところに真犯人が潜んでそうな感じも、ならではって感じですね。

全36件中 1 - 10件を表示

浦沢直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

BILLY BAT(9) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする