グラゼニ(5) (モーニング KC)

  • 講談社
3.88
  • (24)
  • (44)
  • (36)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 386
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063871210

作品紹介・あらすじ

シーズンも終わり、12月。でもこの12月こそ球界が激しく動く時期なのだ。夏之介の周りでも、戦力外通告を受け引退する選手、他球団へトレードになる選手など様々。そんななか、夏之介とも縁が深いあの人が戦力外通告を受け、トライアウトに挑戦することに…!

シーズンも終わり、12月。でもこの12月こそ球界が激しく動く時期なのだ。夏之介の周りでも、戦力外通告を受け引退する選手、他球団へトレードになる選手など様々。そんななか、夏之介とも縁が深いあの人が戦力外通告を受け、トライアウトに挑戦することに…!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ユキちゃ~ん

  • 繧「繝ォ繧ウ繝シ繝ォ蜈・繧後※繝ェ繝ゥ繝?け繧ケ縺励h縺?→縺励※陬冗岼縺ォ蜃コ繧句、丈ケ倶サ九↓蟇セ縺励※縺ェ繧薙□縺玖ヲェ霑第─繧呈戟縺」縺ヲ縺励∪縺」縺溘?ゅが繝輔す繝シ繧コ繝ウ縺ョ繝医Ξ繝シ繝峨?∬ァ」髮??√ヨ繝ゥ繧、繧「繧ヲ繝医↑縺ゥ縲√?繝ュ縺ョ荳也阜縺ョ蜴ウ縺励&繧偵&繧峨▲縺ィ謠上>縺ヲ縺?※髱「逋ス縺??

  • (01.21.2017)

  • ナッツくん!この続きは気になります。オフシーズンはこんな感じなのか。戦力外になる人、トライアウト受ける人、常に上にい続けなくてはいけない。プロ野球選手は精神的に強くないとやっていけないね。いろんな人間がいて、それぞれ考え方が違って、仕事にかける思いも違う。リアルプロ野球選手たちをもっとよく見たいという気持ちになりました。

  • プロの別れの季節。リアルにせちがらい話を、しかしそこまでは悲しくなくエンターテイメントで描くのはさすがだし、読んでて救われるなあ。

  • ファン感謝デー。

  • ナッツ編を読んでいるとプロとしては平凡な選手でも、高校時代は素質が際立つ非凡な選手だったのかと哀愁を感じます。
    そしてどんな天才であっても40歳前に引退を考え始めることになるのです。
    イチローだって衰えるのだから。
    でも厳しい現実をわかっていてもやりたいことがあり、それが職業になるのは幸せなことなんじゃないかな。
    辛いことも多いと思いますが。

  • bookoffへ
    2013/7/28

  • 「ココだけのおハナシ」…セットアッパーたちの話って聞いてみたいなぁ。地元の贔屓球団以外の人たちって実際どんな人柄・性格なのか気になる。アルコールのせいでとんでもないことばかり口走る凡田さん。
    「ナッツの身体能力」…ちょいちょい出てくる高校野球の話は何なんだと思っていたら、ナッツの正体が明らかにー

  • ナッツってこいつだったのーーー

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第20回MANGA OPENにて才能を見いだされた異才。得体の知れない短編を数作発表後、「モーニング・ツー」誌上で『The DRIFTERS』を連載。『グラゼニ』では初の原作モノに取り組む。当作品にて第37回(2013年度)講談社漫画賞を受賞。

「2014年 『グラゼニ(15)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アダチ・ケイジの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森高 夕次
有効な右矢印 無効な右矢印

グラゼニ(5) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×