西遊妖猿伝 西域篇(4) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.91
  • (5)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 98
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063871326

作品紹介・あらすじ

ゾロアスター教寺院の双子の一人をさらった謎の影は人か、魔か? 屍臭漂う毒敵山(どくてきざん)の洞窟で、西域の新たなる強敵が、ついに悟空の前に奇怪な姿を現す。そして伊吾(いご)の城市を巡る、権力者たちの策謀の糸にからめとられていく玄奘一行…今巻もアクション、アクション、そしてアクション! 読むと心が暴れだすエキゾチック・アドベンチャー!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 繧ュ繝」繝?ヨ繧ケ繝シ繝??蜈亥?隕ウ縺九i縺九?√し繧ス繝ェ螂ウ縺ッ繧ゅ▲縺ィ繧サ繧ッ繧キ繝シ縺ェ蝣エ髱「縺ィ縺九≠繧九?縺九→諤昴▲縺ヲ縺溘i蜈ィ辟カ縺昴s縺ェ縺薙→縺ッ縺ェ縺上?√←縺。繧峨°縺ィ縺?≧縺ィ隨代▲縺ヲ縺励∪縺?h縺?↑髢薙?謔ェ縺輔∩縺溘>縺ェ縺ョ縺後≠縺」縺ヲ縲√⊇繧薙→縲√↑繧薙□縺薙>縺、縺ッ?溘▲縺ヲ諢溘§縺ァ隱ュ繧薙〒縺ヲ讌ス縺励>縲

  • 久々の強烈キャラクター《サソリ女》登場! 最近見た中では最強。 脱帽です。

  • おゝ、諸星の新刊!と勇んで買って読んだものの、前巻までのストーリーがさっぱり思いだせない。粗い集中線での迫力は相変わらず。嬉々として話はすすまない。
    まあ、まとまってから読むことにしましょう。

  • 待ちに待った4巻がついに出た!
    作者自身もお気に入りのキャラだと言うサソリ女の斬新すぎるアクションが面白い。御年63歳の諸星先生だけれど、まだまだ情熱の泉は枯れていない。
    続編も気長に待ちます…。

  • うわー買わんとあかん

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

漫画家。『西遊妖猿伝』『妖怪ハンター』『栞と紙魚子』『マッドメン』『諸怪志異』『暗黒神話』『孔子暗黒伝』など、数多の作品で唯一無二の世界観を確立。2014年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

「2019年 『漫画家と猫 Vol.1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

諸星大二郎の作品

西遊妖猿伝 西域篇(4) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする