聖☆おにいさん(8) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.95
  • (295)
  • (409)
  • (305)
  • (20)
  • (2)
本棚登録 : 4042
レビュー : 258
  • Amazon.co.jp ・マンガ (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063871685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相変わらずなノリが最高に好きだ。

  • おもしろいけど、7巻ほどの爆発力はなかったかなー。

  • 相変わらず面白い。

  • ・まさかのあらしネタに笑った\(^o^)/

  • ええとまず最初にここから。多分わざと似せずに描いたと思われる山風に吹いた…そして本当にあらしちゃんの結構あれなファンの友人がいるせいで、グッズ販売の長蛇の列あたりで笑いが止まらなく。個人的に一番のツボはマリアさんがきよしのコンサートで酷い目にあったエピソードでした…。

    相変わらずあんまり色々考えずに笑える漫画でいてくれることは嬉しいなあと正直に。

  • 毎度笑わせてもらってます。ぜひスピンオフ企画で「はじめてのキリスト教」「はじめての仏教」みたいな漫画出してほしいです。

  • 何度もグフゥグフゥ笑ってしまった(。≖‿≖)

  • 相変わらずのまったり神マンガ。
    ルンバのTVCM見るたびに、小僧が本堂をルンバで掃除するというネタを思い出すw
    あと、ボーリングの「ナイスモーセ!」とか、ローカルルールが面白かった。
    この先もゆるーく続いて欲しいです。

  • のんびりゆるふわ(!?)聖人系漫画「聖☆おにいさん」第8巻!
    アニメDVD付きとどちらにするかは悩んだのだけれど・・・まー、いいかということで通常版。

    今回のブッダとイエスはお買い物したり、ボーリングしたり、アイドル「山風」のコンサートに行ったり、沖縄に行ったり。
    特に沖縄編は梵天さん帝釈天さん弁財天さんがエエキャラしてます。
    この3人個性強い・・!

    そんなこんなで、今回もクスっと読めるお話でした。

  • 毎回くすっと笑えるが、涙を流すほどではなくなってきた
    関東圏以外の人が読んでもわからない小ネタが含まれている気がする

全258件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

中村 光(なかむら ひかる)
1984年生まれ、静岡県出身の漫画家。2001年、16歳(高校1年生)の時に「海里の陶」が『月刊ガンガンWING』掲載され、デビュー。
2004年『ヤングガンガン』創刊号から『荒川アンダー ザ ブリッジ』を連載開始し、アニメ化、テレビドラマ化、映画化される大ヒット作となる。また、2006年『モーニング・ツー』にて『聖☆おにいさん』を連載開始。こちらもきわめて高い評価を受け、2009年に手塚治虫文化賞短編賞を受賞。劇場アニメが公開され、実写ドラマ化も予定されている。

聖☆おにいさん(8) (モーニング KC)のその他の作品

中村光の作品

ツイートする