にこたま(5) <完> (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (38)
  • (67)
  • (35)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 498
レビュー : 70
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063871838

作品紹介・あらすじ

あっちゃんは新しい恋をしてるけど、なんだか前へは進めない。
自分から別れを切り出したのに、思いを引きずっているコーへー。
実家に戻った高野さんはそろそろ出産の時期。
離職、妊娠、手術、アレコレ……
心も身体も変化した第三次性徴白書、完結!

あっちゃんは新しい恋をしてるけど、なんだか前へは進めない。自分から別れを切り出したのに、思いを引きずっているコーへー。実家に戻った高野さんはそろそろ出産の時期。離職、妊娠、手術、アレコレ……心も身体も変化した第三次性徴白書、完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【愛していなくても、結婚できる。家族も作れる。幸せにもなれる、という回答。或いはお茶碗を欠けさせたことについての罰】

    まず最初に特筆したいのは、この人はこんなに絵が上手かったのか!っていう驚き感。特に、最終話のあっちゃんの表情は「愛していないこと」と「幸せであること」を見事に表現しきっている。こういう、表情で描けるマンガ家さんは素晴らしいと思うね。感じとしては、「いちごの学校」を彷彿としました。


    浮気した男の人とそれを許してつきあい続けるのって、欠けたお茶碗を使い続けるみたいなことだな、と思っている。欠けた部分って絶対に戻らないし、忘れたふりをしても結局そこからひび割れが広がっていく。

    幸せなあっちゃんの最後の台詞は「おかえり 琴子」である。
    この瞬間の「晃平」の不在こそが、晃平のしたことに対する答えなのだ。
    あっちゃんは「(愛していないけど)家族を作りたいから、その構成要素になってよ」という。それは「大好きだから一緒に家族を作ろう」というのは大きな隔たりがある。

    だけど一方で、30も近くの女としては、この鳥が巣作りでもするような建設的さは非常によく分かる。
    良い?家族になる人を「条件で選り好み」するのなら、10年つきあった男以上の人はいない。そういう結論。そういう結論なんです。だけども、それでも幸せにはなれるって言うことなんです。
    ポケモンショックみたいなのも、わかる。でもそれってきっと10代20代の恋だから、今更幾ら食い入るようにテレビを見たってそんなにピカチュウは光らない。安全対策されてるから。十分に。


    また、もう一個このマンガを読んでいて考えさせられたけど、この話ってたぶん男の人と女の人と読んだ時の受け取り方が相当違うんだよね。
    だって、もう、女の視点で読んでると、一択高野さんと結婚(或いは、そこまででなくてもあっちゃんとは別れて、高野さんに養育費など金銭的に援助)で当然だと思うんですよね。
    まあ、そうすると寝取った女得という問題も出てくるは出てくるんですが、とにかく晃平が終始最低の男過ぎる。
    浮気して出来た子供がまだ浮気相手の腹の中ですくすく育っている状態で、「そろそろ結婚しても良いんじゃ無いか」とか思ってプロポーズ。「俺、あっちゃんに責任負いたいんだよ」の台詞には、全女子が「お前が責任持たなきゃならんものは他にあるだろ!!」と全力突っ込みを入れたハズ。

    でも、男の人側からは「一回の過ちなのに、産むって強行した高野さんの責任。むしろ晃平は被害者だし、それなのにベビーベッド組み立てたりして優しいなー」なのかなって思った!じゃないとこんな最低男描けないよ!
    もうね。子供が出来ることの責任は、子供を生むことを決断したことにより発生するんでは無いという点を、もう一度確認しておきたいですよね。その、子作り行為即ちセックス&射精に発生していると言うことを確認しておきたい。真剣に射精しても、不真面目に射精しても、生命が生まれたからには責任取らんといけないのですよ。


    そして、そんなこともまともに出来なかった最低の晃平君は、冒頭に述べたような甘い罰を受ける。

    ううーん、これ以上の最後は、なかったかもね。
    だって、高野さんと結婚して子育てしても、あっちゃんとやり直すことになっても、あっちゃんとも高野さんとも別れることになっても、結局全部高野さんとあっちゃんが負担を負うだけで、晃平はなんにも困らない勝ち逃げコースだったんだよね。
    そこで、「愛してるけど、愛されない」幸せな生活を一生送る、ということ。
    欠けさせたお茶碗のことや、産まれた子供(晃平が責任を全く取らなかった子供)のことを考えれば、これ以上の結論は無かった、かもね。

    • さとみんさん
      >幸せなあっちゃんの最後の台詞は「おかえり 琴子」である。
      この瞬間の「晃平」の不在こそが、晃平のしたことに対する答えなのだ。

      自分...
      >幸せなあっちゃんの最後の台詞は「おかえり 琴子」である。
      この瞬間の「晃平」の不在こそが、晃平のしたことに対する答えなのだ。

      自分もラスト読んで「おや?」と違和感あったのですが、
      ↑のように書かれていたのを見て、ぞわっとしてしまいました。
      ほんと、その通りですね。
      2013/04/29
    • tokyochocolateさん
      ありがとうございます。

      あっちゃんが、晃平を選んだもう一つの理由は、あっちゃんは子供か産めないと言う負い目があるけど、晃平は浮気して外で子...
      ありがとうございます。

      あっちゃんが、晃平を選んだもう一つの理由は、あっちゃんは子供か産めないと言う負い目があるけど、晃平は浮気して外で子供がいるって負い目があるからですよね。
      石田さんの「自分の子供を抱く機会」を奪うことには躊躇して身を引いたのに、晃平には「養子を取るための父親役をやってくれ」と言う話を持っていけてしまう。それは、やっぱり「まあ、君の子供はもういるしね」という晃平の弱みをついて、なりふり構わず家族を作ろうとするあっちゃんの強い意思を感じます。

      女の人は赦したりしないということがガッツリ書かれている話だなぁと思いました。
      それであれどうであれ、幸せにはなれる、ということも。
      2013/04/30
  • これだけ男女が並列に扱われるようになってきても、昔からすれば不可能だったことが可能になっても、基本的には生殖の仕組みは変わらない。

    ドライというか、どこかクールなあっちゃんだからこの結論になったのかなぁ。

    むるたん、どう思う?

    人と人の関係は突き詰めれば、出会ってから一緒に居続けるか、離れるかの二択。一人でいるか、誰かといるか。

  • テレビの紹介から読み始めた漫画が、最終巻まで読み続けた。
    漫画というより、小説のような繊細な心理描写がうまくされた作品であった。

    歳が近い設定で、ノウノウと生きるだけでなく
    一つ一つ行動の責任や運・意思・気持ちが大切なんだと
    教わった漫画でもあった。

    本作のような良品に今後も出会えれたらと思う。

  • 恋は意志と気持ちと運。いろいろ上手く行かないことがあったからこそ上手くいくように模索していく、まだまだ成長過程のふたりだけれども、ただ思うのは「幸せになれー!」ってこと。あっちゃん、綺麗になったな。琴ちゃんも……幸福感に溢れたラスト。いろんな問題は山積していてふわっと終わったことに不満を持つ人もいるかもしれないけれど、これでいいのだ。割り切れないことのほうが面白いってことも、ままあるでしょ。

  • 落ちつくべきとこに落ちついて嬉しい。ただ、最後にこうへいくんが悩む場面が心に残った。こういうところがリアル。

    物語は終わったけど、この先が気になる。2人とも幸せになってほしい。

  • 「こういう未来も悪くなかったって思えるように、頑張ってみようよ。」
    この言葉に僕がどれだけ救われたことか!
    人生は選択と後悔の連続だ。
    ある選択を絶望的に後悔しそうになったときも、この言葉のおかげでいつも前を向いていられる。

  • 自分もこんな風になるのかなぁ、とか
    あっちゃんの考え方わかるかもしれない、とか
    現実と結び付けられるんだけど、きっと現実だったらあっちゃんとこーへーはお互い別の道を行くんだろうなって思った。でも2人の幸せを願わずにはいられない。2人が一緒に生きる選択をしてくれてよかった。

  • 第三次性徴白書と謳っていますが、そのココロは心も体も成長したいい大人の最後の思春期のおはなし。
    あらすじを書くと、この話おもしろいの?と言いたくなるような話です。
    コーヘーはほんとにヘタレだし、
    あっちゃんも高野さんも、同じ女として否定はしないが共感だってしないよ。
    この女性二人は、もどかしくも清々しい。男前。
    コーヘーはとことん女々しいのに、ほれぼれするほど男前。

    内容は実はかなり重い。が、軽いタッチが絶妙で妙に生々しい。
    泥沼化しないのが逆に怖い。
    最後を読んで、えー、えー、やっぱりそうなるのー?ってなってしまうのは、否めないよねー。

  • ダヴィンチで紹介されてたので大人買い。
    これ、実話だったら、もーっともーっと
    ドロドロするんじゃ?
    とか思いながら、一気に読破です。

    最後に二人で選択した答えが正しいのかどうかは分かりませんが、
    それだけしんどくても誰かといたいと思うことがすごいな。
    つか、この人といたいと思える人に出会えるのがすごいわ。

  • 終わっちゃったー!

    あっちゃん、そういう選択をしたんだね。

    最後、過程は分からなかったけれど幸せそうで良かった。
    たんたんと、自分に正直に静かに生きていきたい。

全70件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

渡辺 ペコ(わなたべ ぺこ)
1977年北海道生まれの漫画家。
2004年、『透明少女』でヤングユー新人まんが大賞ゴールド大賞を受賞。様々な媒体で活躍しており、その中でも『蛇にピアス』『昨夜のカレー、明日のパン』といった二作の小説コミック化に関わっていることが知られる。『1122』(いいふうふ)を連載しており、2019年5月23日に5巻を刊行。

にこたま(5) <完> (モーニング KC)のその他の作品

渡辺ペコの作品

にこたま(5) <完> (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする