犬神もっこす(5)<完> (モーニング KC)

著者 : 西餅
  • 講談社 (2013年5月23日発売)
4.33
  • (8)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063872149

作品紹介・あらすじ

いよいよ迫ってきた夏公演! 予期せず主役に抜擢された犬神君が、「ビルマの竪琴」の呪縛からようやっと解放された夏目プレゼンツ、劇研初オリジナル脚本に挑む。ヒロインは犬神君が超絶苦手な美少女・蔵前さん。犬神君の心の中にガンガン踏み込んでくる蔵前さん……犬神宗、18歳、こんなことは今までなかった! 最後の最後まで目が離せない波乱万丈夏公演、ここに開幕!

犬神もっこす(5)<完> (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おかしいなメガネから汁が……メガネから!犬神君ちょっとは人の機微を知れたかしら。蔵前さんも物好きやね。

  • 「もっこす」とは、熊本県の県民性を表現した言葉で、いわゆる「頑固者」や「融通が効かない奴」的な意味を持ちます。
    主人公の犬神くんが熊本県出身者のため、そのようなたいとるになっていますが、
    決して、犬神くんのような性格の人間が「もっこす」の標準ではないことを、まずは断っておきたいと思いますw<犬神くんは、熊本にいても十分変わり者。(;^_^A

    で、5巻です。
    結構なペースで刊行されるなぁと思っていたら、これで完結だそうな。
    3巻辺りから話が進むごとに、キャラだけでなくストーリーも面白くなってきていただけに、ちょっと残念。

    とはいえ、打ち切り感がアリアリなわけでもなく、しっかり完結していますよ。

    結構読者を選ぶタイプの作品だと思います。
    WEBで試し読みができるので、気になる方はそちらで読んでみてはどうでしょう?

    モーニング公式サイト - 『犬神もっこす』作品情報( http://morningmanga.com/lineup/197

    面白かったら、一気読みしてみるといいかもね。

  • 夏目さんの台本と犬神くんのキャラがうまくコラボした素敵な舞台でした。
    深入りされたくない犬神くんと、好奇心で深入りしたい蔵前さん。
    まさか犬神もっこすに感動させられるとは。

    その後蔵前さんとはどうにかならないのかしら。続編! 続編!

    ミス研もっこす。ミス研部長の意外な?想像通りの?内面が。
    本質を見る女性とは、勿論本人も本質を見られたいものですよ。

    まさる叔父さんってば!

  • 1巻に比べて本当に犬神くんが大人になったことがはっきりわかる(作者の画力も上達している)。

    本当はだらだら続けてほしかった。
    夏目が卒業するのしないのまで続けてほしかった。
    サザエさん時空に突入してもいいし、
    夏目社会人編(社会人劇団編)になってもいいと思っていた。

    でも作者ははっきりと話を前に進め、犬神くんの成長の物語にした。
    過不足ない盛り上がりと収束だった。
    犬神くんの涙に、わたしも涙した。
    いい友達にいっぱい出会えてよかったね。

    たぶんギャグまんがなのに、西餅さんのギャグセンスが好きで好きになったまんがなのに、
    シリアスに愛してしまってすみません。

全5件中 1 - 5件を表示

犬神もっこす(5)<完> (モーニング KC)のその他の作品

西餅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

犬神もっこす(5)<完> (モーニング KC)はこんなマンガです

ツイートする