しばたベーカリー(1) (モーニングKC)

著者 :
  • 講談社
2.98
  • (5)
  • (10)
  • (23)
  • (9)
  • (6)
本棚登録 : 151
感想 : 15
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063872507

作品紹介・あらすじ

見た目は可愛い柴犬だけど、
完全に人間のしばたさん。
脱サラしてパン屋を開業するも、
いまだ慣れない仕事に奮闘する日々。
おまけに妻に逃げられ息子になじられ
それでもけなげに営業中です!

見た目は可愛い柴犬だけど、完全に人間のしばたさん。脱サラしてパン屋を開業するも、いまだ慣れない仕事に奮闘する日々。おまけに妻に逃げられ息子になじられそれでもけなげに営業中です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あくまでも「犬面」を主張するしばたさんのパン屋奮闘記。
    あんまり奮闘してないけど(笑)
    かわいい絵柄なんだけど、モーニングらしいブラックさがなんかツボ。
    小太郎がまたブラックで逆に気持ちがいい!
    ウサギの奥さんがツンデレこじらせてて気になる(笑)
    手にはバッチリ肉球あるし触るとぽみゅって音鳴るし、しばたさん謎。
    結構レビューの評価が低いみたいだけど、個人的には好き!

  • ゆる~い絵柄に見合って、ストーリーも割とほのぼのした日常系だが、結構な頻度で、こっとしたブラックなネタを挟んでくる。小太郎くんの、キレ味がありすぎるツッコミが最高である
    結構、好きだ、こんな感じの漫画
    シュールってのは違うだろうが、「ク、ククッ」と笑いを噛み殺してしまう話が多い
    恐らく、鵜飼せんせいは、私たち読み手を笑わせるつもりで描いているのだろうが、何となく、ここで笑ったら負けだ、と思ってしまった・・・・・・どんなに見つめても、表情が読めない、しばたさんの犬に似ている顔が原因だろうか
    パンと同じくらいに、気軽に読める漫画なので、朝食や三時のオヤツのお供におすすめ
    個人的に、我慢が出来ず、声を出して笑ってしまったのは、その12『親心』
    どっちもどっちな父親と母親を持つ小太郎君は、苦労してるなぁ
    あと、何気に、この作品、人生を前に歩んでいく上で、小難しく考えすぎないコツも示している気がした

  •  犬の格好をした、ではなく、犬が営むパン屋のお話。
     下ネタが挟まれ過ぎていて、読む気がなくなります。しかも自分の子供にツッコミを入れられるとか気持ち悪すぎます。
     Booklive!で1巻のみ無料キャンペーンでダウンロードしたわけですが、今後とも読みたいとは思わないです。

  • たまにはほっこりカワイイ漫画でも読んでみようかと思って手に取りました。

    ほっこりギャグ漫画。
    とりあえずかわいい。
    しばたベーカリー近所にあったら通う。

  • 見た目は犬、中身は人の親子が営むベーカリーのお話。

    抜けたボケ担当の父・太郎と4才にして店の手伝いから父のツッコミまでこなす子・小太郎を中心とした、一編数ページから成る「日常系」の作品です。

    深いこと考えずにクスッっと笑いたい時に向いている作品ではないでしょうか。

  • 3巻目まで読了。
    淡々とした雰囲気のギャグ漫画。
    大笑いするような内容ではないのですが、可愛いです。

  • レンタル。
    ボリュームが少ないがレンタルやネカフェだと不満はないかも。犬か人間なのかよくわからないとこがおもしろい。自分にはふふっと笑えた。Web漫画みたいなレビューをしている人がいたが、確かに空気はそんな感じ

  • 脱力して読めて、悪くないけど 2巻以降も読みたい・・・とも思わない感じ

    ま、このテのゆるいマンガが多すぎて、どれも似たりよったり(^_^;)

  • パンを題材にしたグルメ漫画だと思って買ったら拍子ぬけします。
    表紙買いしてしまいました。

  • 一番の出来は表紙カバー⁉︎

    内容はすっごいくだらないw10ページの短編ギャグマンガ。このノリに波長があえば面白いかと。でも、表紙の可愛らしさを期待すると、全然そんなことはないという…

    読んでみて、笑ったけど、面白いって笑よりも、くだらない、って笑いの方が多かった。

全15件中 1 - 10件を表示

鵜飼りんの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×