シドニアの騎士(7) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.98
  • (36)
  • (46)
  • (39)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 583
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063878127

作品紹介・あらすじ

英雄的操縦士となった少年・長道は慣れない一九式試作機で出撃し、絶望的なピンチを迎えていた。そこに突如現れた、まるでガウナかのような異形の兵器。これこそが岐神開発が生み出した切り札だった。巨大装甲「衛人」のみに頼ってきたシドニアの戦い方が大きく変化していく。それは戦争だけでなく、長道にとって、そして人類全てにとって、異生物との関係に変化が起こったことを意味していた!

英雄的操縦士となった少年・長道は慣れない一九式試作機で出撃し、絶望的なピンチを迎えていた。そこに突如現れた、まるでガウナかのような異形の兵器。これこそが岐神開発が生み出した切り札だった。巨大装甲「衛人」のみに頼ってきたシドニアの戦い方が大きく変化していく。それは戦争だけでなく、長道にとって、そして人類全てにとって、異生物との関係に変化が起こったことを意味していた!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 逋ス鄒ス陦」縺、繧?縺手ェ慕函?√??蠑キ縺医↑縲√▽繧?縺弱■繧?s縲ゅす繝峨ル繧「縺ョ謾ッ驟榊ア、縺ァ讓ゥ蜉幃利莠峨′縺ゅ▲縺溽オ先棡縲∵婿驥晁サ「謠帙?ょ、ァ繧キ繝・繧ャ繝戊飴縺ィ縺ョ謌ヲ髣倥∈縲

  • この巻では、融合個体つむぎが大活躍ですね。強い。。。
    前半では船型ガウナを撃破。
    その後「オカリナ」出現。これもまた激しいガウナですね。
    つむぎはボロボロになりながらシドニアを救い、長道はオカリナを撃破。
    いや〜盛り上がりましたねぇ。素晴らしい。
    これで一安心と思いきや、今度は大シュガフ船に動きが、、、

  • 5番の渋いおっさん、瞬殺か。なーんだ。

  • 一難去って、息つく間もなくさらなる大難。つむぎが出てきてウヒヒってなった

  • 漫画喫茶で読みました。
    将来的に電子書籍で購入すると思います。

    おかずクラ・・・オカリナ戦。
    アニメではオカリナからの超巨大ヘイグス粒子砲の進路変更時に威力を受け流しきれずにイザナが義手義足となったんだよね。
    漫画版では既に義手義足なので軽傷で済んでるという。
    良い変更だと思う。

    ていうか、谷風が中心に突入して乱射して終わりとか、ちょっと倒し方が呆気ない気もする。

    結局のところ、不死の船員会は何であんな偉そうにしてるのかわからないうちに全滅してしまった。
    とりあえず動けなくて存在も割と極秘状態なので味方もいないし、しかも別にシドニアのシステムを掌握している感じでもないのにね。
    何のメリットがあって生かしておいたのか全く不明。
    単に「自分は偉いんだから」っていう選民思想というか貴族的というか白人的というか、要するに阿呆だった可能性が高い。

  • つむぎ登場回。あの触手キャラデザを思いついただけでも本作の、つまり著者のSFガジェットの幅の広さを雄弁に語る。凄いなぁ。

  • 「はじめましてみなさん。私の名前は白羽衣つむぎです。」

  • 敵かと思ったら味方なのか……??つむぎのキャラ的にどうも全くの悪という感じはしないが。というかクナト(落合?)は一体どの立場なのか。

    谷風の誰得触手シーンはほんと誰得

  • つむぎちゃん登場!ウワサには聞いてましたが本当に良いキャラ。
    後半も中々ピンチで熱い展開でした。

  • つむぎが登場して一気に戦局が変わった巻。
    長道もオカリナ破壊で大活躍。
    と思いきや次は大シュガフ船が接近と、目が離せない展開。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年生まれ。男性。福島県郡山市出身。代表作に『BLAME!』『バイオメガ』『シドニアの騎士』など。1995年、『BLAME』がアフタヌーン四季賞で谷口ジロー特別賞を受賞。その後高橋ツトム氏のアシスタントを務めた後、『BLAME!』の連載をスタート。『シドニアの騎士』を経て最新作『人形の国』を「月刊少年シリウス」で連載中。

「2018年 『1/1スケール タイターニア自動機械形態 組み立てキット付き 人形の国(3)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シドニアの騎士(7) (アフタヌーンKC)のその他の作品

弐瓶勉の作品

シドニアの騎士(7) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする