サタニック・スイート (アフタヌーンKC)

  • 講談社
3.83
  • (112)
  • (171)
  • (134)
  • (18)
  • (6)
本棚登録 : 1763
感想 : 136
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063878158

作品紹介・あらすじ

ヤマシタトモコ短編集。初期未発表作3作を含む計6作を収録。
様々な現実と人間を鋭く切り取った、鮮烈かつ繊細な作品集。
収録作品:「edge of her」「イナズマ」「サタニック・スイート」「ねこぜの夜明け前」「ビューティフルムービー」「MUD」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日常から非日常まで、様々な要素の作品詰め合わせの短編集。振れ幅は大きいけれど、それぞれに面白くて引き込まれました。捨てられるかもだった過去原稿たちだったとは…捨てられなくてよかった!

  • 短編の名手ですね……。個人的には最後のMudって作品が好きですがオチのあの子のあの台詞とか表情は素なのかそれとも演技なのか……とか考えて怖くなる。恋愛のこととか良く分かんないまま生きてきたけど、「順序」ってホントに大事だなということはひしひしと痛感する。あとヤマシタトモコさんって借金取りに何か因縁でもあるのかしらん……?

  • バターから入ってずっとヤマシタトモコさんの作品大好きです。あいかわらずハズレがない。
    個人的にビューティフルムービーのシチュエーションは好きです。絶対にないでしょうが、あれの続きが読みたい(*´∀`*)ヤマシタトモコさんならきっと面白い展開にもっていってくれそうな気がします。

  • 初期作品らしいけどこの頃から線が綺麗。

    「MUD」が好きだなぁ。こーゆー女子はすんなり国公立受かる。間違いない。

  • かなり面白かった!

    • とうかさん
      面白かったね!!
      面白かったね!!
      2013/06/09
    • 睡さん
      うんうん!今度語ろう〜!
      うんうん!今度語ろう〜!
      2013/09/24
  • 今更登録シリーズ
    サタニック・スイーツとMUDの最後のページ

  • 映画の話と受験生の話が好き。

    映画のように美しいその一瞬で
    すべてが終わって欲しかった
    どんなにそう思うことが多いだろう。きっと映画みたいなことが起こったって、美しい一瞬のあとに現実が続くにちがいないのだ。なんて残酷なのだろう。でも映画は夢をくれるけど、続くものにも救いとか続きはあるわけなのだね…とか思う。終わってくれたらよかった…と思いながら現実をかみしめるとき、この言葉が心に寄り添ってくれる気がする。

    女子高生?の話は、ああいうキレッぷりも、ああいうキレッぷりを発揮できるような人間関係も、いいなと思います。自分の気持ちに気づくときの人ってなにか言いようのない魅力というか、胸に迫るものがある。好きよ先生、嫌いにならないで、って言う辺りの。
    心情で背景とか物が壊れる描写にすごく共感を覚える。

  • すばらしい! ヤマシタトモコさん作品に一貫して存在している萌と切れ味とがビリビリに溢れている作品。短編集。

    以下、各話ごとの感想。
    ストーリーが素晴らしいのは前提なのでそれについては基本、省略。

    《edge of her》
    主人公が凄まじく可愛らしく、美しい。
    不安定さ、大人でも子どもでもない境界の、
    あの意味の分からない程の空気感にあふれていてステキ。
    ラストから2ページ目中央の「まぶしい」カットが
    ともかくステキ。惚れる。

    《イナズマ》
    「バカな主人公」の少年がとても可愛い。サンダルのカットが好き。
    彼女の男前さも好き。
    「横谷ばかなんです そこが好きなの」が可愛いすぎる。
    愛のこもった作品でした。

    《サタニック・スイート》
    表題作。切れ味絶品の、骨太でほかほかしたお話。
    主人公の子が借金取りの皆様に愛されすぎていて、
    もちろん彼らはシビアでもあるのだけれど、
    見ていて本当に嬉しい気持ちになった。
    あと事務所受付? の毒舌女性が大好き。
    彦間さんがイケメン。超絶イケメン。(個人的には)
    鳥平さんはキュート。
    モップで飛んだ魔女の映画は見たことが会ったけれど、
    「エモノ」の木刀をちょっとお借りして飛ぶ魔法使いは新鮮だった。
    最後の1ページの「スッキリ☆」感は快感。

    《ねこぜの夜明け前》
    めばるっちがともかく愛おしい。
    ぎょろぎょろしてて、おどろおどろしくても可愛い。
    第一、山頭火のラーメンと王将の餃子が好きなヤツに悪いヤツはいねぇ!
    梢ちゃんのおでこと、梢ちゃんのパパがステキ。
    ラストの「べーっ!」もほのぼのしていてよい・v・

    《ビューティフルムービー》
    しっとりと不思議な後味の作品だった。
    くそ女のせいでちょっと弱気な彼氏とダメになった、
    のだと思うのだけれど、
    くそ女ちゃんががくそすぎたせいで
    弱気彼氏もくそ男だったことがわかり、
    くそ女がくそすぎて可愛く見えて来てしまう、という。。。
    冴えない職業不明の青年はあまり冴えないままで
    わーお、と思った。

    《MUD》
    恐ろしいのだか恐ろしくないのだかを述べるのは難しい。
    けれど、実は一番の中毒性を持った作品かもしれない。
    『ドントクライ、ガール』を彷彿とさせる
    爆弾のような心臓の抉られ方がベタに幸せすぎてステキ。
    主人公の少女が可憐。
    相手の男性のドMな変態ぶりも、変態だった。
    2人が2人とも可愛くて
    とても満足な作品だった。

  • 時間の振り幅ある短編集。けど、終始一貫のヤマシタ節。好きなんだ…。このアイスピックで寸分の狂いなく心臓めがけて躊躇いなく刺すような刺されるようなヤマシタ節…大好きなんだ…!
    私は刺したいよりも刺されたい人なので、根っからの読者ですね。感動と衝撃を受けたい派。

  • ヤマシタトモコの短編6作。
    最初の4作は伝えたい事とかテーマとか
    作品のまとまりに執着しすぎてて広がりが無い。

    はい、それ伏線ね。
    はい、ここ泣くとこね。
    あ、落ちましたね、はい。

    という感じ。

    あーあれも喋らせとかないと
    あーこれも描いとかないと
    って感じがヒシヒシと伝わり
    なんとも説明的になってしまっている。

    が、後半2作はそういった「物語性」への執着を感じなかった。

    抽象的な表現や繰り返す言い回しなどの演出が効いて
    気怠く日常を捉えながらも不器用に自分と向き合う
    登場人物の機微やその世界の空気を感じる事ができた。
    読後感にも余韻があって素敵。



    野球、妖怪、魔法、SM…
    様々なテーマの作品が収録されてるけれど、前述したような
    「気怠さ/諦めの中にある、何か少しあたたかなもの」
    をどの作品からも感じる。
    それを引き出すのはやはり起承転結の「物語性」ではなく
    何でも無い文脈を切り取ったトコロにある感情を
    どれだけ垂れ流せるか、だと思う。
    だからこの人が輝くのはこっちの描き方。絶対。


    それにしても


    「なんてね」
    「なんつって」

    の破壊力が凄まじい。

全136件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1981年5月9日生まれ。 2005年のデビュー後、すぐに「ねこぜの夜明け前」で講談社「アフタヌーン」主催の四季賞、夏・四季賞を受賞。 19年には「違国日記」がマンガ大賞4位に入賞する。主な作品に『BUTTER !!! 』『ひばりの朝』『さんかく窓の外側は夜』(本書原作コミック)『花井沢町公民館便り』などがあり、幅広い層の支持を得ている。

「2020年 『さんかく窓の外側は夜  映画版ノベライズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヤマシタ・トモコの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×