サタニック・スイート (アフタヌーンKC)

  • 講談社
3.83
  • (111)
  • (171)
  • (133)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 1673
レビュー : 137
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063878158

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ファンタジーからリアルまで。
    やっぱり私、ヤマシタトモコならなんでも好きだわ。大好きだわ、本当に。

  • いやー最後の話 度肝抜かれたなあー
    びっくりしちゃってそれまでの話一瞬吹き飛んだ。
    いや、その後思い出したけどね!

    私的短編集ランキングで『HER』は越えてないなー

  • 色んな種類の短編からなる。
    以前読んだこの作者のよりも、ジャンルが豊富で。
    ただそんなにおもろー、とか、分かる分かる、と共感できるものがなかった。
    女友達に彼氏をとられてしまった女性の話、その彼氏をとった方の女。
    こんなんが現実にいるんだろうなー、面倒臭いな、と。
    マンガの中のとられてしまった女がそうしたように、あまりにおバカちゃんな子に対しては相手にしてしまったりするんだろか。

  • 魔法っていうのは気合なんで

  • ファンタジーも描いてたのは意外だった。百鬼夜行抄へのオマージュっぽい作品もあったけど、同じ題材で随分現代的に都会的に描けるものだと感心する。

  • 初期の短編作品集。
    期待を裏切らないぶっ飛びぶりでした。

  • どれも好みの話でした

  •  MUDの心理描写が好きです。血みどろの心臓がでるところがいい

  • 自分の心臓ぐしゃなら想像したことある。他人の不幸も。

  • 120328 表題作が特におもしろかった。ヤマシタ女史の最近の作品ではみない設定で新鮮。こういったナチュラルなファンタジーまた書いてほしいなあ。同じ「人間」を描くにしても、なんとなく明るくなる気がする。というか、この主人公がもつ空気感が良いのか。

全137件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サタニック・スイート (アフタヌーンKC)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

ツイートする