げんしけん 二代目の参(12) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (48)
  • (111)
  • (76)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 1105
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063878264

作品紹介・あらすじ

すっかり現視研に定着したオトコの娘・波戸賢二郎。自身の容姿にコンプレックスを持つ矢島、あっけらかんとしつつも考えが読めない吉武とともに、新入生トリオで大学生活を満喫する。謎の美少女がいるとうことで学生自治会から不審に思われた波戸くんだが、その危機を救ったのは謎のイケメン……吉武のお兄さんだった!
しかし彼には重大な秘密があったのだ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2013/07/14
    【好き】アニメ見るのに予習。 女装する波戸を中心に話が展開されていく。 

  • 腐女子ネタばかりになってきて、もうこの辺で追いかけなくて良いかもと思えた。

  • 「オタクの物語」から「オタクである彼らの物語」に進化したげんしけん。11巻に比べて、より新キャラにフォーカスされている。彼らの人間性の中にオタクとしての属性を組み入れ、その上で関係を描く様はなかなかに深い。この手の話は大好物なのでとても楽しめている。

    にしても、波戸ちゃんが可愛くて毎度毎度道を踏み外してしまいそう……。

  • 荻上さんとマンガを共同制作することになった波戸くんは活躍の舞台をあたえられますが、女装をしてBLマンガをえがくときにのみその能力は発揮されることはありません。

    波戸くんの過去のエピソードにつながる導入といった感じの話です。荻上さんの過去のエピソードと似たような雰囲気を感じるので、このエピソードを通じて波戸くんのキャラクターを掘り下げようというねらいでしょうか。ともあれ、どのような落としどころにもっていくのか、つづきが気になります。

  • コミック

  • 騾」霈峨b霑ス縺」縺ヲ繧九s縺?縺代←貅?雜ウ貅?雜ウ縲よ桝逶ョ蜈郁シゥ縺後>縺、縺ョ髢薙↓縺狗剪縺励く繝」繝ゥ縺ォ縺ェ縺」縺ィ繧九?ゅお繝ウ繧シ繝ォ繝代う繧帝?ャ蠑オ繧九せ繝シ縺輔s縺ョ蟋ソ繧ゅ>縺?′縲√d縺ッ繧翫?後▽繧九▽繧九?阪□縺ェ縲∽サ雁キサ縺ッ縲ゅ▽繧九▽繧九°縺ゅ?繝サ繝サ縲

  • 当たり前だけど、二代目になっても特に大きな変化なし。この先も別に気にならないし、ここまでで止めようと思います。

  • 男装の新キャラキター!波戸さん気になるけどあの金髪不思議ちゃんも気になります!そして、つるつる、つるつるー!斑目先輩も可愛いぞー!

  • 吉武妹登場。波戸の部屋へ。吉武ろくなことしない奴だな。学園祭の季節が近づき,メバエタメ学園祭特別号,合作の話など。絵が上手な波戸ちゃんの謎。久々に出会う波戸と斑目。げんしけん最初の頃の大学生だった頃と比べると,斑目本当に大人になったなぁと思う。みんなの恋話。

  • 新キャラとか妄想とかで更にカオス。「マンガを描くということ」をクローズアップしている巻。安定のBLですが、カップリングとかにこだわる人は不満を抱くのかな。僕はその辺もひっくるめて俯瞰して楽しんでます。

全67件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年アフタヌーン四季賞にて、『点の領域』で四季賞を受賞してデビュー。1997年から『四年生』(全1巻)『五年生』(全5巻)を連載。2002年から2006年にかけて『げんしけん』(全9巻)を描き上げた。2006年からは『くじびき・アンバランス』(全2巻)の原作を担当(画・小梅けいと)。

「2017年 『新装版 げんしけん(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木尾士目の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
木尾 士目
有効な右矢印 無効な右矢印

げんしけん 二代目の参(12) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×