悪の教典(3) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (6)
  • (12)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 152
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063878936

作品紹介・あらすじ

ついに聖者の仮面を脱ぎ捨てて、悪魔は本性を現す。教え子、親、同僚教師まで、その毒牙にかける「ハスミン」こと蓮実聖司。そして学校は凶悪犯罪の横行する王国と化した。貴志祐介の話題作を完全漫画化した漆黒のスクール・サイコホラー、ますます加速!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 貴志さんの「悪の教典」がコミックになってました。原作は未読ですが、先にコミックから。

    ハスミン怖い・・・

  • おっとハスミンここまでやるか!?そこまでやるか!?の連続。
    ただちょっとずつほころびが見えてきてるけど…どうなっちゃうのかな。

  • 蓮実先生が周りの教師たちをついに排除し始めた・・・!

  • 割と原作の小説のエピソードを忠実に追って描かれている。

    絵柄が1巻より濃い感じで、主人公の蓮実に毒のある表情が見え隠れしているのは、作画作家さんの意図しているところなのかなー、と思いました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

神奈川県横須賀市生。漫画家。2007年、「月刊マガジンZ」にてデビュー。代表作は『悪の教典』(原作・貴志祐介/全9巻)、『Satanikus Enma ケルベロス』(全4巻)、『GOD EATER -救世主の帰還-』(全5巻)。


「2020年 『東京伝説(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

烏山英司の作品

ツイートする
×