臨死!!江古田ちゃん(7) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.82
  • (11)
  • (19)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 263
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063879049

作品紹介・あらすじ

テレオペ、ホステス、ヌードモデル、ハケンOL…。様々なバイトに就きつつ、たくましくも細々と生きる24歳・江古田ちゃん。家では「全裸主義」、好きな男・マーくんの本命には決してなれず、男受けのよい女子「猛禽(もうきん)」を天敵とし、愛か?幸せか?何かを求めて今日も彷徨する江古田ちゃん! オンナの本音を赤裸々に描いて、女性読者の圧倒的支持を誇る超絶4コマ!! 連載9年目に突入も、まだまだパワー衰えず!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 引き続き猛禽に注意。

  • 江古田ちゃんはブレない。大人の中の大人だ。今回もおねぃちゃんとサムが爆裂してます。友人Mのような友人求む。

  • やっぱいいわー好き。ずっと読みたい。まーくんはなんかダメだ…信者くんは描写がうまい。本当キモいし嫌んなるもんな…

  • 相変わらずの江古田ちゃん。マーくんはともかく、信者くんとはもう縁を切ってもいいのでは…?あとは、おまけページの瀧波さんの字が荒れていたのが気になりました。

  • 江古田ちゃんの年齢が意外と若かったの知らなかった

  • 安定のクオリティ。

    笑いじゃないオチがふえてきた気も。

    現代女子の心の闇をほんとにうまくギャグ化してます。

  • やっぱり良いです。好き!
    クズです、に笑った。

    それにしても、寝た後で真っ黒を背負う
    江古田ちゃんの切なさがバーストしてます。

  • 時代が江古田ちゃんを追い抜いた。
    先にイってると思われてた江古田ちゃんがもはや一般人に埋もれてる感。

  • 臨死!! 江古田ちゃん 7巻:本誌にて連載100回年記念企画開催中
    http://orecen.com/manga/ekoda-chan07/

  • 段々胸が苦しくなってきた

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。1980年、北海道札幌市生まれ。2004年、月刊アフタヌーンで四季大賞を受賞しデビュー。『臨死!!江古田ちゃん』『あさはかな夢みし』『ありがとうって言えたなら』などの漫画作品の他、『はるまき日記』『女もたけなわ』などエッセイも発表している。

「2017年 『自分を好きになろう うつな私をごきげんに変えた7つのスイッチ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

臨死!!江古田ちゃん(7) (アフタヌーンKC)のその他の作品

瀧波ユカリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

臨死!!江古田ちゃん(7) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする