悪の教典(4) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.62
  • (3)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 128
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063879339

作品紹介・あらすじ

蓮実聖司の過去を、「同類」釣井教諭が暴きにかかる。そして悪童・早水圭介もまた暗躍する。ついに始まる怪物たちの直接対決。ハスミンは立ち塞がる者に容赦しない。貴志祐介の話題作を完全漫画化した漆黒のスクール・サイコホラー、急展開!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 貴志さんの「悪の教典」がコミックになってました。原作は未読ですが、先にコミックから。

    主人公が怖いって珍しい・・・。やっぱり原作読みたいですね。

  • 原作小説既読ですが、絵柄がこのストーリーに合っているというか、蓮実の穏やかな表の顔と外道の裏の顔がうまく描き分けられていて、やはり凍るような怖さではあるものの惹きつけられますね。
    この後の展開はかなりグロいシーンが連発するので、この精緻な絵柄で、どのような凶悪な描写になるのか、怖いけれどちょっと見逃せない気がします。

  • とうとう釣井先生と早水くんが・・・。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

神奈川県横須賀市生。漫画家。2007年、「月刊マガジンZ」にてデビュー。代表作は『悪の教典』(原作・貴志祐介/全9巻)、『Satanikus Enma ケルベロス』(全4巻)、『GOD EATER -救世主の帰還-』(全5巻)。


「2020年 『東京伝説(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

烏山英司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×