おおきく振りかぶって(23) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.06
  • (65)
  • (109)
  • (49)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 1206
感想 : 54
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063879766

作品紹介・あらすじ

大人気本格高校野球漫画、最新刊! 監督は女性、選手は全員1年生。県立西浦高校の新設野球部に集った10人の選手は、弱気な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す! 秋季大会初戦の相手は、夏大ベスト4の武蔵野第一。速球が持ち味のエース・榛名を相手に、西浦は堂々と渡り合う。同点で迎えた9回、武蔵野第一は捕手・秋丸が三橋の“まっすぐ”の本質を把握した!? ゲームも終盤、因縁の榛名たちとの勝敗は!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 武蔵野第一戦決着。
    何事も遅すぎる男・秋丸。覚醒の兆しはあったものの、やっぱり少し遅い。
    でも完全に眼が開いたよね。これからの西浦にとって怖い相手になるかも。
    なにより、秋丸くんの意識の変化に榛名くんが嬉しそう。

    残念だったのは、予告と帯で期待値を上げた水谷くんの“ライス”バッティング。
    ……なんだか相変わらず不憫なコだなぁ。

    相変わらずといえば、花井くんのクジ運も!
    そして驚きのピッチングコーチを迎え、次のステップを踏み出すレンレンたち西浦ナイン。

    カバーのレンレンと阿部くんがパ◯コを半分こしてるのが
    二人の距離感が縮まったのを表してるようで嬉しい。


    表紙オマケ漫画、そこで続くのーーーっ?!ある意味、本編よりも気になります。

  • 勝負には負けたけど
    試合には勝つ
    ちょっとしたことで
    結果は変わってくる
    起きてしまった結果は変わらない
    こう言う勝ち方で
    今目の前に勝つことはできたとしても
    勝ち続けることは難しい
    目の前の一勝を目指すのではなく、
    全国制覇を目指すのならば
    今何をしなければいけないか
    このままでは
    止まってしまう
    努力を
    やらなければならないことを

  • 〈秋季地区大会・武蔵野第一vs西浦9回表〜三橋投球指導、秋季県大会抽選〉

  • え、そんなことで? で終わる武蔵野第一戦。勝てたものの課題がいっぱいの西浦。秋丸はまだ2年生、1年生も粒揃いだから武蔵野第一もいいライバル校になりそう。そして安定の花井のクジ運笑

    三橋が阿部に自己主張していることに泣ける。本気で目指すからこそのぶつかり合い。モモカン父がコーチに入って、また変わる予感のバッテリー。

    カバー下がまたずーんとくる話を…

  • コミック

  • 三橋のストレートはどうなるんでしょうwktk

  • 秋季大会初戦、同点で迎えた9回。武蔵野第一は、三橋の“まっすぐ”を攻略!?窮地に陥った西浦は、未完成のナックルボールで勝負に出るが……!?初戦にして正念場、三橋と阿部のバッテリーの成長が問われる!!(Amazon紹介より)

  • 対武蔵野はあっけなく終了!
    秋丸クンの今後に期待・・・って、西浦メンバーも
    確実にレベルアップしてます。特に西広クン♪
    ついに№2の千朶との対戦決定!どうなる?
    そして、モモかんのパパ登場!
    実はスゴイ人だったのですね~。
    あ、オマケまんがの三橋家の過去が楽しいね♪

  • 武蔵野戦

    ・サヨナラランナーのあべと出られた榛名、2人とも凶悪
    ・水谷見せ場というか、
    ・秋丸考えながら試合してる…
    ・三橋バント指示であべ走るなって指示が野球よくわからないならわからん。バントは打者アウトになってバッテリーがすぐとるから盗塁すると普通は刺されるってこと?
    ・バントとスクイズの違いは、バントはランナー進めるため、スクイズはランナーをホームに返すため
    ・三橋バント→たまたまサード→キャッチャー→あべ挟まれる→三塁に戻る→キャッチャーパスミス→あべとって返す→榛名がホームベース前で待ち構える→内回ってかわして帰塁、泉ナイス…

    ・三橋くんは自分がひとを見ているとき、自分もまた見られていることにいつ気づくのだろうか…(だからプレッシャーにも強いのか…?)
    ・榛名の三橋へのアドバイス。榛名「カケネナシに…」のところ、阿部くんは(褒めたのに…)って思ってそう。
    ・立ちながらキレーにユニフォームたためる田島 ショップ店員のよう…。
    ・花井のホームランでいろいろ考える田島
    ・いまのままがいいあべといまのままだと嫌な三橋
    ・まだ三橋くんはあべくん信仰がすごいしあべくんも指示出ししちゃうかんじ
    ・榛名の電話番号あべくん入ってんだ…
    ・なぜあべ父は夕食前にラジオ体操をしているのか
    ・しゅんは塾?
    ・物理とか投球理論とかあべくん頭いーなー。偏ってるけど
    ・あべくんの声と言い回しのせいでケンカというか怒鳴りつけてるように見えて花井と水谷とクラスの人は心配
    ・三橋くんはひきつぎ処理優位の人なんかなー。情報が並行して口から出るのよね
    ・あべくん1人でご飯食べたの?
    ・なんとなく心配な部員のみなさん
    ・投球コーチ進撃の巨人みたい
    ・あべくんが打者へのコースとか球種覚えてるのみて本当かと思ってたけど、百枝コーチ高校の投手レベルで思い出すのすごいな。
    ・準備万端の百枝コーチ
    ・三橋のかわりに説明する阿部

    ・くじ引きはせんだ
    ・ステップ幅調整

    ・おまけは名前呼びの話
    ・てきとーなごはんのが子ども喜ぶの法則…

  • 他の人間は「距離感」と見えるのかもしれんが、三橋と阿部はこれくらいがいいんだよなー。誤解する人間には三橋が阿部の子分・下僕みたいに見えるんだろう、阿部も三橋も全くそんな意識はしてないのに。妙に慣れあってもいない、だけど離れすぎてもいない、バッテリーは友達じゃなくても組める関係性なんだろう。

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

埼玉県さいたま市出身。
法政大学文学部を卒業。1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。
現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。

「2022年 『おおきく振りかぶって(36)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひぐちアサの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×