アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者(4)<完> (アフタヌーンKC)

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063880274

作品紹介・あらすじ

引きこもりだった加納慎一は、いきなり異世界に連れてこられた! 異世界=「神聖エルダント帝国」へ「オタク文化」を輸出することにした日本政府は、オタク知識だけは豊富な慎一にその役目を負わせたのだ。学校を造り、テロリスト襲撃事件も切り抜けた慎一。メイドのミュセル、皇帝陛下ペトラルカ(見た目は幼女)、寝返りスパイのエルビアたちと楽しく過ごすも、ミュセルとの別れが突然やってきた! 感涙の最終巻!!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2009年アフタヌーン四季賞にて『かみさまのいる場所で』で佳作を受賞。2012年「good!アフタヌーン」にて『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』連載をスタートさせデビュー。

「2017年 『輝きのミニョン(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梶谷きりの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×