純潔のマリア exhibition (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.01
  • (49)
  • (55)
  • (42)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 656
感想 : 43
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063880281

作品紹介・あらすじ

ジョセフと結ばれ、魔力を失った魔女マリア。その魔力は、いったいどこへ行ったのか。本編では語られなかった秘密の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最後の話が好きだな。

  • 初版 帯

  • 本編が辛い感じだったので、少し心安らかに読めました。
    ラストエゼキエルよかったなぁ。。。

  • フクロウかわいい。

  • 本編の前後の話。
    ビブやジョセフとの出会い、そしてマリアの娘の話。
    また、購入時にマリアのイラストが入ったミニカレンダーもいただきました

  • 譛ャ邱ィ縺ョ髫咎俣繧貞沂繧√k迚ゥ隱槭r蜿朱鹸縲よ悽邱ィ繧偵■繧?s縺ィ隱ュ縺ソ縺ェ縺翫@縺ヲ縺九i隱ュ繧?縺ィ髱「逋ス縺募?榊「暦シ

  • エピローグがなかなかよかった。

  • 気になっていたカバーデザインだが、本編を読まずして外伝を読むのも気が引けたので、本編全3巻を読了後に着手。ビブとマリアが過去に出会っていたとは!? 水汲みを巡って使い魔たちと本気勝負、そして負ける(笑)エゼキエルと名付けられた女の子も最後に登場。みな息災だのう。

  • 「純潔のマリア」の外伝。
     マリアと盟友ビブとの出会いと、マリアと最愛の人ジョセフとの出会いという前日譚に加え、マリア+ジョセフの娘エゼキエルが登場する後日譚で構成される。

     マリアとジョセフは互いに一目惚れだったんですな。イケメンと美人は何とも羨ましいところだ。
     本編において、ジョセフが彼氏になった時の描写が些か唐突過ぎて??になったことからすれば、良き補完になったかもしれない(他方、アニメ版はマリア演者の金元寿子嬢の台詞回しで、「ジョセフ大好き❤」を表現していたので違和感なかったが……)。

     そして、(娘)エゼキエルが見せる、自分の能力と周囲の世界に対する好奇心が愛らしい。

  • 前日譚と後日譚。ビブとマリアの本当の出会い。マリア、天才だったんだ。エゼキエル(娘)とミカエル、ミカエルもエゼキエルを見守ってくれてるんだ。マリアとフクロウたち・ハトの日常もいい。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大阪府出身。1997年に『日本政府直轄機動戦隊コームインV』でデビュー、初連載。1999年、『神の棲む山』(『人斬り竜馬』所収)でちばてつや賞準入選受賞。「モーニング」連載の『週刊石川雅之』などを経て、2004年より「イブニング」で『もやしもん』を連載開始。

「2013年 『もやしもん(12)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川雅之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×