甘々と稲妻(4) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.11
  • (73)
  • (99)
  • (45)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 1038
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063880366

作品紹介・あらすじ

『good! アフタヌーン』で大人気連載中の食卓ドラマ! 男手ひとつで子育てに奮闘する高校教師・犬塚は、愛娘・つむぎのために苦手な料理にも挑戦中。ひょんなことから、教え子の小鳥を交えた3人で、一緒に料理を作って食べることに。お遊戯会で友達とケンカしてしまい、ちょっぴり落ち込んでいるつむぎを元気づけたい……。親子&小鳥で挑む、初めてのクレープ作り! ゆっくりでも、それぞれが一歩を踏み出す第4巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どんどん大きくなるつむぎちゃん、本当に愛おしい。小鳥ちゃんにそっと耳打ちするシーンは、とてもどきどきした。もうそんなに、そんなことを思うほどに、きみは成長しているのか……!みたいな。
    ごぼう、今まで洗うどころか皮むいて水にさらしてたよー。惜しいことをしていたのか。

  • 純朴でまっすぐな愛情表現・感情表現にほんと泣きそうになるんですよね。。そろそろマンネリ化しそうな巻数ではあるが、相変わらず同じ感想を抱けることは喜ばしい。

    今回特によかったのは、人間関係や人間的成長のみならず、おかずの品数を増やしてみたりといった料理面での成長も描かれたこと。これはこれでなんとも参考になる話だなぁと思いながら読んでいた。品数大事よねぇ。難しいけど。

  • 18話「小鉢ときんぴらごぼう」。食卓に小鉢が足りないことに気づいて、棚から昔使ってた小鉢を取り出してテーブルに並べていくうちに、奥さんが生きていたころの三人の食卓を幻視するシーンがぞくぞくするくらい良い。

    奥さんのことを思い出すんじゃなくて、三人分のお皿が並んだ食卓を一瞬だけ思い出すのがいいよねー。

    娘と二人暮らしだと滅多に使わない小鉢を取り出したことで思い出のスイッチが入っちゃうんだよね。こういうの。こういうのが好き。

  • 「先生と生徒で…」的なハラハラ感は今回は控えめ。
    つむぎちゃんの成長につれて…のお話のウェイトが
    多くなってきたような。そろそろそういうお年頃なんだねぇ。
    小鳥のクラスでの様子もだいぶ描かれるようになり、
    いよいよ世界が整ってきた感じです。
    あまり出ないサブキャラクターの皆さんの背景とか、
    まだまだいろいろ隠れてそう。楽しみです。

  • 【あらすじ】
    男手ひとつで子育てに奮闘する高校教師・犬塚は、愛娘・つむぎのために苦手な料理にも挑戦中。ひょんなことから、教え子の小鳥を交えた3人で、一緒に料理を作って食べることに。お遊戯会で友達とケンカしてしまい、ちょっぴり落ち込んでいるつむぎを元気づけたい……。親子&小鳥で挑む、初めてのクレープ作り! ゆっくりでも、それぞれが一歩を踏み出す第4巻!

    【感想】

  • クレープに生姜焼き、お好み焼き、ビーフシチュー。
    どれも楽しくておいしそうでたまりません!
    つむぎちゃん、相変わらずかわいい…。
    そんなつむぎちゃんに降りかかる問題、それを救ってくれるのはみんなだと思いました。

  • 友達と喧嘩したつむぎの話。
    一緒じゃなきゃ嫌って友達と、自分の好きなようにしたいっていうつむぎの気持ちがよくわかる。
    あとクリスマスの話もじーんとしたなぁ。
    二人寂しさを埋めながら共に生きる犬塚親子が何ともいえない。

  • 今回のメニューは
    キャベツの千切り&しょうが焼き、おいものクレープ、きんぴらごぼう(和風バーグ)、ビーフシチュー
    でしたっ♪

    この親子見てると本当ににやけがとまらないな
    ライバルの出現で続きがいつも以上に気になる・・・!

    それと小鳥ちゃんがちょっとだけ包丁を使えるようになりました!
    これは大きな第一歩だね おめでとう~

  • つむぎがどんどんと成長しているのを見るととても心地いいしほんわかとさせられます。次の巻ではあの生意気な子供がストーリーをどのように盛り上げるか非常に楽しみです

  • 明日はクレープ食べるぞぉーー!(店で食べます作りませんw)パイシートで飾りを作ったビーフシチュー。飾りの1つはイカ型(笑)つぐみちゃん、イカに何かしらの執着有りき!やっぱ八木氏、いい男だー!

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2007年に「Wings」(新書館)でデビュー。
代表作に『ファンタズム』『まぼろしにふれてよ』(新書館)、『恋煩いフリークス』(エンターブレイン)など。
2013年2月より、「good!アフタヌーン」で『甘々と稲妻』を連載開始。

「2019年 『甘々と稲妻(12)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雨隠ギドの作品

甘々と稲妻(4) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする