月に吠えらんねえ(3) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.23
  • (34)
  • (27)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 328
感想 : 18
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063880489

作品紹介・あらすじ

朔太郎、白秋(はくしゅう)、犀星(さいせい)らの作品からイメージされたキャラが大活躍! 膨大な資料を下敷きに創作の喜びや絶望、詩人たちの戦争責任にまで言及し、近代日本の歴史をも活写! 漫画にしかできない表現で漫画というジャンルを超えた傑作をぜひその目でご覧ください!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 相変わらず謎に引き込まれる。
    何なんだろう、この手を引っ張られてる感じは。

  • 辛いサイパン編終えて一部時代戻りました。
    重い。もう読んでられないと重いながらも啄木キタ、とか、三島ー!とか、思う自分はきっと毒されてます。
    朔太郎の病みっぷりが普通に見えてきました。

  • 戦争と愛国心。日本人は確かに情でしかものを語れないのかもしれない。俳句や短歌の世界でも、事実を並べ立てて韻律を整えてポンと出してくる素人さんが結構いて、こんなのは観察日記だ、と突っぱねられているのを見たことがある。自分の感情の動きをすくい取って表現しなさいと幼い頃から教わっているから、戦争という事実も、『紋切り型の絶叫調』でしか韻文にはできないのだろう。
    現代日本人に「愛国」という概念は忌避されている。愛国を謳えばすなわち右翼と見なされ鼻をつままれる。思考停止しているのかもしれない。政治の話は深い関係の人ともしない。いつからこうなったのだろう。お先真っ暗だという、ある種の『終末思想』は百年前から変わらないのか。

  • 白さんは概念

  • なんか変に厚いから「無理やり収めた最終巻??」とか思っちゃったてへへぺろり。

    戦時中のふんふんをメインに時代や舞台を行ったり来たりで、凄く草臥れる作りだった。

  • 3巻では、室生犀星、石川啄木らがそれぞれ時空を超えて少女と恋(?)に落ちる。淡々と描かれているのに、なぜかせつない。相変わらず狂った世界なのに、だんだんそれが心地よくなるから不思議。

  • 確かに、愛国は普通には語れない。

  • 三巻は戦争絡みのことが多いので、すごく読んでて辛かった。
    世界観の謎が深まるばかり…。

  • ほぼ戦時中っていうこともあるけど読んでてしんどい。朔は錯乱はするけど一番まともなんじゃないか?そもそもまともって何?って沼にはまりそう。

  • 最近、個人的に”あの時代”づいている。
    立場が違うとあの戦争の見方も全然違ってくるんだな、って当たり前のことをぼんやり思う。
    ぼんやり思いを馳せておくくらいに留めないと辛すぎる。

    にしても、文人達について知識が多ければもっと作品を堪能できるのに悔しい。けど、堪能するためには膨大な知識が必要そうで二の足を踏む。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

四季賞2000年夏のコンテストで、応募作『孤陋(ころう)』が大賞授賞。アニメーション監督・新海誠氏の『秒速5センチメートル』のコミカライズ企画に抜擢され、月刊アフタヌーン2010年7月号から連載開始。オリジナル連載『まじめな時間』を2012年2月号から連載開始(全2巻)。日本の近代詩歌俳句を2次創作し話題を呼んだ『月に吠えらんねえ』(全11巻)は 2017年第20回メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞。

「2021年 『月に吠えたンねえ(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清家雪子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×