はねバド!(6) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.08
  • (10)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 202
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063880823

作品紹介・あらすじ

綾乃vs.なぎさ、インターハイ予選決勝はさらに過熱していく。なぎさは第一ゲーム後半まで温存していたスマッシュを連発し、綾乃を圧倒し始める。そんな中、強打をレシーブしつづける綾乃は、試合に夢中になっていく。激しいラリーの続く中、なぎさの渾身のスマッシュが決まる。その瞬間、今まで小さな声しか出したことのない綾乃の声に異変が……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ラスボスとしての綾野をうまく引き出しているなぁと。新垣をうまくヒロインに転換できたのは大きい。ここのギャップの面白さは一つあるのかなと思う。スポーツ漫画は展開が熱くなってくるとサラサラ読めてしまう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

「週刊少年ジャンプ」にてデビュー。
主な作品に『どがしかでん!』『パジャマな彼女。』(集英社)。
2013年6月より「good!アフタヌーン」にて『はねバド!』連載開始。

「2019年 『はねバド!(15)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

濱田浩輔の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×