マイボーイ(3) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 33
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063880861

作品紹介・あらすじ

有望な選手を多数かかえるボクシングジム「ペンギンジム」。飛躍をかけて挑んだ一大興行がまさかの大惨敗! 飛躍どころか破産の危機に! 試合に勝ち続け、ジムを立て直すために会長の孫娘・響が立ち上がる! 復帰戦から負け知らず、破竹の勢いで進むペンギンジム。満を持してジムのエース・弥太朗がリングにあがる! 彼が試合を通じて後輩達に見せたいこととは? good!アフタヌーンに掲載された過去エピソードも収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この漫画めっちゃ面白いのでもっと広く読んでもらいたい!
    例えに出てくる名ボクサーの名前はマニアックで、ボクシング版『夕空のクライフイズム』といった感じで作者のテーマへの愛がこもってる。

    この巻ではペンギンジムのエース加持弥太郎のお話がメイン。
    タロー兄のデビュー戦を描きつつ、現在のペンギンジムのメンバーが図らずも出会っていた、ボクシングをやるきっかけを綴った読切「大好き!の弥太郎君」も収録。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1997年、投稿作品『神戸在住』にてアフタヌーン四季賞を受賞。同作品は2006年まで続く連載作となった。2002年には第31回日本漫画家協会賞新人賞も受賞している。その他の連載作品には、京都の女子高を舞台にした柔道漫画『からん』、ボクシングを題材にした『マイボーイ』がある。
現在は月刊good!アフタヌーン誌上で焼き鳥チェーン店を舞台にしたコメディ『巨娘』を連載中。

「2018年 『巨娘(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村紺の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×