フラジャイル(4) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (36)
  • (39)
  • (34)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 543
感想 : 31
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063880953

作品紹介・あらすじ

岸京一郎、職業・病理医。直接患者と会うことなく病気の原因を調べ、診断を下す医者。医師らは彼について、こう語る。「強烈な変人だが、極めて優秀だ」と――。アミノ製薬が開発中の新薬「JS1」。新薬認可の治験に参加した岸だったが、アミノは重篤な副作用情報を隠蔽していた……! その事実を知った岸は、驚愕の行動に打って出る!! 陰謀製薬編完結&セカンドオピニオン編開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回も岸先生が冴えまくってます。
    実際の医師対象の講演会(しかも製薬会社主催)では絶対に起こらないであろう告発だーい。おおっと、これ以上は言えねぇや。

    放科の高柴先生も登場。
    温和なベテラン医師(岸先生いわく“小賢しい亀”)が、宮崎先生の指導に。
    読影をろくに読まず自身の判断で治療をする他科の医者。プライドだけは高い医者に、その診断間違ってますと直接言えば反発を買うだろう。しかしそこは小賢しい亀。診断を持ち上げつつ己の勉強のためにMRIを撮らせてくれと話をもっていく。
    …さすがだね!


    セカンドオピニオン。
    自分もいずれ経験するかもしれない。
    それがどういうものなのか、今知っておくのもいいかもしれないな。

  • 【あらすじ】
    岸京一郎、職業・病理医。直接患者と会うことなく病気の原因を調べ、診断を下す医者。医師らは彼について、こう語る。「強烈な変人だが、極めて優秀だ」と――。アミノ製薬が開発中の新薬「JS1」。新薬認可の治験に参加した岸だったが、アミノは重篤な副作用情報を隠蔽していた……! その事実を知った岸は、驚愕の行動に打って出る!! 陰謀製薬編完結&セカンドオピニオン編開幕。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 前巻から続く新薬にまつわるドロドロした話
    医療界は巨額が関わるから大変だ…
    セカンドオピニオンに登場した放射線科の先生、このキャラも良かった。
    この作品の広がりは凄くて、読みごたえがあります(O_O)

  • 亀…仙人

  • 仮に不治の病が治癒する薬が開発されたとして、それで真っ当に商売ができる人間が地球上にはたして何人存在しているのだろうか?

  • 神宮球場?
    実際は別な名前ですけどね。
    野球観戦デートの場面好きです。
    治験もあるし
    営業担当者と患者でもあるけど、
    最初は利害の一致で結びついたのだけどね
    人と人
    病気の話もしたいところだけど、
    話したいことを
    なんでもなくお話しする
    副作用がでてきていることを意識し続けると
    世界が閉じられてしまうから
    負けないために
    ただそこにあるために
    らしく生きるためにね。
    利害の一致のその先へ
    死ねなくなったと思える気持ちになれた幸せ。

  • 火箱さんとがん患者の野球ナイトゲームデート‥切なすぎる‥
    患者と向き合うことを知った火箱さんが涙をこらえて必死に思いやって、心境の変化が垣間見られる。そして岸先生が講演でアミノ製薬を告発するような描写。これは急にリアルではない感を受けたけど、ここまで言われてアミノ製薬潰れないのね‥大きな力が働いているのだろうとそこだけリアルさ感じました。
    放射線科の高柴先生。岸先生とは違う物腰の柔らかいスタンスで相手のことを懐柔する。あの岸先生が頭を下げて宮崎先生をお願いするほど‥良い先生なんですね。

  • どのストーリーも良かった。竹田さんと火箱さんのデートは泣ける。治験における製薬会社の一端を見た思い。凄まじいけれど、こうやって新しい薬が作られてるんだろう。再び同じ業界で歩み始める火箱さんを応援したくなる。そしてセカンドオピニオン、いつかすることになると思うから、参考になった。

  • アミノ製薬にガツンと一撃はスカッとしたー。
    その後の放射線科の高柴先生は良いですね。説明が上手だし勉強になる。薬剤耐性はなるほどと改めて。ちゃんと飲まないと耐性がつく。目標トラフ値と耐性獲得の関係。

  • はしばし、自分の仕事にも必要なエッセンスが出てくる。

    段々岸先生と森井さんが、PEACE MEKERの土方さんと山﨑さんに見えてきた。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アフタヌーン四季賞2012年秋のコンテスト『彼女の鉄拳』で審査員特別賞受賞。

「2023年 『フラジャイル(25)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恵三朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×