マージナル・オペレーション(5) (アフタヌーンKC)

  • 講談社
4.02
  • (11)
  • (20)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 246
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063881103

作品紹介・あらすじ

異国の戦地で出会った少年兵たちを指揮する、もとニートの青年・新田良太(通称アラタ)は戦争のない国を見せるため日本に一時帰国した。そんなアラタたちに日本の治安組織が接触し、新興宗教の教団に関わる任務を依頼する。ところが教祖に反抗する一派が民間人を標的にしたテロを起こし……国内の戦闘は是か非か。今や現代の伝説、アラタと少年兵たちの戦記、日本編完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読了。小説も買ったので始めほどの興奮はなかった。4巻までの漫画はそうそうに売っていたので、少し後悔する。

  • もともとの潜在能力があったのかもしれんが、アラタの思考力がどんどん洗練されてってるよね。紛争まっただ中で子どもたちを守らんがために磨かれたのかもしれんけど。次の舞台はタイなのか。

  • 日本編完結!
    銃を覚えられると、自分たちが必要ではなくなるのでは、と不安がるジブリールが切なくて、ソフィにやきもちをやくジブリールが可愛い。
    安全に出国するためにも攻めるの凄い。
    結果無事に出国できて良かった、続きも楽しみ。

  • 子供たちに普通の生活をさせたいのに、うまくいかない葛藤。子供たちの笑顔に罪悪感を感じるアラタが悲しい。ソフィ健気過ぎて泣ける。マフィア梶田は日本が好き(違う

  • 日本でのミッション終了で、日本編完結な5巻目。射撃場で転がって抱っこをまつ子ども達が可愛い。…ってのが唯一の癒やしどころでしたが。エルフ合流、さらに坊主が増えて、とジワジワ所帯が大きくなって、次はタイだって。

  • 元ニート傭兵オペレータの、日本帰還編。
    あれ、エルフは結局ホンモノだったの、ついてきたのが入れ替わったの! と言うかもと元エルフは1?
    次はタイか。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家、イラストレーター。
群馬県出身。イラストレーターとしては『憂鬱なヴィランズ』『青い森の国』など。
ウサギと猫2匹と一緒に仲良く暮らしています。好物は鮭。山登りが好きだけど行く時間がないから登ったつもりで階段昇降するのが日課。
最近、油性マジックでビアンキって書いた中古のママチャリが盗まれてから何も信じられなくなりました。盗んだらだめ。

「2021年 『マージナル・オペレーション(16)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キムラ・ダイスケの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マージナル・オペレーション(5) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×