フラジャイル(6) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.92
  • (26)
  • (38)
  • (22)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 459
感想 : 30
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063881448

作品紹介・あらすじ

長瀬智也主演で大反響を巻き起こしたドラマ『フラジャイル』。その原作漫画の最新刊。主人公の岸は病理医。病理医とは、直接患者と会うことなく病気の原因を調べ、診断を下す医者だ。同僚の医師らは彼について、こう語る。「強烈な変人だが、極めて優秀だ」と。右心不全で苦しむ患者・茅原。なぜ心不全になったかの原因を見つけられず、患者は危険な状態に……。岸は「10割の診断」を出して、茅原を救うことができるのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    右心不全で苦しむ患者・茅原。なぜ心不全になったかの原因を見つけられず、患者は危険な状態に……。岸は「10割の診断」を出して、茅原を救うことができるのか!?

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • タリホー

  • あの医療コンサルも何か闇を抱えてそうなんだけど…。
    逆に何もなかったらただの性格悪い人な気がする。
    それとも本当に病院を良くしたいという善意の策略家なのか?

  • 布施ちゃんと多田教授の雲南医大コンビがいい。悩みがちな秀才に対して明確な目標を指示できるややパワハラ気質なボスの組み合わせは何気に良い組み合わせだからね。

  • 病理医になりたいと思う
    医者になりたいと思って
    勉強して
    医学部を受験して合格して
    さて専門は何にしたいのかって考えて。
    医師免許の試験に受かる。
    免許の段階では別に専門はないのかもしれないけど、
    そもそもなんで医者になりたいと思ったのか?
    思い出し、改めて磨き直す
    期待したことが
    期待した通りになるとは限らない。
    仕事を重ねながら
    一つ一つの形を見ていく。
    今はまだつぼみかもしれないけど
    知ることから始まる。

  • 病院コンサル窪田‥また火箱に近い自分の信念を正義と信じて疑わないやつが出てきた‥
    本当にこんな人が現実の病院にもいるんだろうか‥?

  • 病院経営、目的はわかるけどミスの誘引が本当にあるならひどすぎる!

  • 一柳(ひとつやなぎ)教授の件はその後どうなったのか…急に次のテーマに移って?終わり。窪田コンサルは厄介だなぁー。病院経営絡むと問題が大きくなる。

  • おおお!ついに次巻では可愛い子が岸先生のもとに!!

    今回の一番納得ポイントは、本編ではなく四コマの、白衣を着る理由でした。
    そー。襟さえちゃんとしゃきっとさせてれば、胴体部分しわっしわだって白衣がかくしてくれるものー

  • 2018/11/11 077

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アフタヌーン四季賞2012年秋のコンテスト『彼女の鉄拳』で審査員特別賞受賞。

「2023年 『フラジャイル(25)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恵三朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×