エンバンメイズ(5) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (3)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063881660

作品紹介・あらすじ

百発百中のダーツ・プレイヤー同士が大金を賭け、さらには命を懸けてバトルするこの世界で「迷路の悪魔」と呼ばれる最強のダーツプレイヤーがいた。彼の名は烏丸 徨。その烏丸の次なる敵は「純粋」の二つ名を持つ少年・皆月 司。少年ならではの残酷さでゲームに参加したプレイヤーたちを次々と殺してゆく皆月。一歩間違えれば火あぶりとなる地獄のゲームで烏丸はどう戦うのか? 人気急上昇中の賭けダーツ・アクション!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最序盤から“最適解”を出して惜しげもなくルールを形骸化させるスピード感の魅力。それはルールが“結末から逆算された”と感じるのと隣り合わせで危うくもあり、今巻特にギリギリには感じた。

  • いやあ今回もあぶないところでしたねえ()。次の試合もルールがえぐいけれど相手があの人だから……

  • 皆月との戦いと、決着。
    烏丸が後輩を守っていると見せかけて、ちゃんとプレイヤーとしてみているうえで味方につけるところが良かった。
    次の対戦相手が鈴音…!
    また過酷なゲームでふたりとも生き残ることはできるのか?
    続きが楽しみ。
    おまけ漫画はゴードーさんが良い人でかわいらしかった。

  • 生徒たちを守りつつ勝利を目指す者、虫けらのように殺すことも厭わず勝利を目指す者。その道は最初片方の圧倒的な有利に思えたが最後は…と。もう、ダーツの技量は行き着くところまで行っているので、あとは仕掛けの奇想天外さと心理戦がメイン。今回もルールの複雑さに理解が追いつかないが終わってみれば、なるほど、と。次の試合の相手は、意外にも、といったところで次巻へ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1986年生まれ、東京都在住。2011年、月刊アフタヌーンにて『イコン』で連載デビュー。その後、2014年よりgood!アフタヌーンにて『エンバンメイズ』を連載。2018年より『概念ドロボウ』の連載を月刊アフタヌーンにて開始。

「2019年 『概念ドロボウ(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中一行の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×