リメインバッド (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
2.88
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063881691

作品紹介・あらすじ

都下で発生した奇妙な連続殺人事件。被害者の一人は、検挙率トップクラスのエリート刑事の奥さんだった。警視庁の管理官は異例の差配として当のエリート刑事・渡慎治を捜査に加えるが、捜査は行き詰まる。そこで管轄の警察署から呼ばれたのは「部下殺し」と呼ばれ、同僚からも忌み嫌われている巡査部長・土生旺輔。彼の捜査は執拗を極め、陰湿だが的確だ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 二転三転する真実に、あっとします。
    果たして、犯人は...


  • 警察物のサスペンスだが話の運び方もキャラクターの描き方も下手でちょっとびっくりした。あとスーツの描き方が変すぎる(ズボンの尻ポケットの形状とか、ジャケットの裾の長さとか)。

  • 凄く後味が悪い事件。
    あと、優秀過ぎて貧乏くじを引かされる人の話でもある。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1987年生まれ。男性。漫画家。高知県出身。アフタヌーン四季賞にて2010年~11年の間に佳作を4回受賞。
高知県を舞台に、少年の葛藤と成長を描いた大型読み切り『僕と犬』(月刊アフタヌーン2012年11月号掲載)でデビュー。『ほしにねがいを』が初の単行本、本作が2冊目。

「2016年 『リメインバッド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中川貴賀の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×