ヴィンランド・サガ(18) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.14
  • (31)
  • (43)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 386
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063881707

作品紹介・あらすじ

ヒルドとの戦いで負った矢傷が癒えたトルフィンは、ヴィンランドに平和の国を作るため資金調達の旅を再開する。時を同じくして、世の中が平和になり戦争がなくなってしまったと嘆く猛将・トルケルのもとにヨーム戦士団の幹部・フローキがなにやらキナ臭い話を持ち込む。奇しくも、ヨーム戦士団の本拠地があるヨムスボルグはトルフィン一行が辿ろうとする航路の途中に位置していた。新たな戦いの火種がトルフィン一行に襲い掛かる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々のトルケル登場。他のキャラと同じようにトルケルにも何か変化があったかと期待したが…清々しいくらい何も変わってない。相変わらずの戦闘狂。もういい加減にしたらと思う反面、トルケルの無双ぶりが見たいというやましい気持ちもある。うーん、やはりトルケルはこのままの方がいいか。

    それは、さておきトルフィンは辛い試練だな。戦いに明け暮れていた過去の自分が戦好きのヴァイキング達を引き寄せてしまう。「過去をなかったことにはできない」。エイナルの言葉が重く心に響いた。

  •  ヨーム戦士団の跡目争いによる「バルト海戦役」編始まりの巻である。戦乱の風は、だいぶ懐かしいトルケルの再登場が連れてきた。
     それにしても、このシリーズでこんなに笑ったことがあったか思い出せないくらい笑った巻である。内容的にはだいぶハードで、シリアス要素も強い。トルフィンの役に立ちたいと地団太を踏むグズリの恋模様なども進捗が見られている。ここでのグズリの可愛さはなかなかのものだ。
     だが、この巻は何と言ってもトルケルだ。たぶんこのバルト海戦役そのものがトルケルをトリックスターとした物語になると思われる。

     父の仇であるフローキと、対立候補を立てようとするヴァグン大隊の争い、そしてそこに巻き込まれるトルフィンたち。物語がどう展開していくのか楽しみにしたい。
     あくまで始動の巻であるが、内容の濃さのみならず、なんと言ってもトルケルが凄い存在感だ。星五つ以外で評価するのは不可能だろう。

  • 奴隷のあたりから、再読。
    なんかすっごく面白くなってて、驚いた。
    仲間までできて、相棒、老人、女、子供、狩人。
    楽しみ。なにげに、シグやん、気になる。(笑)

  • このマンガ、最高に面白い。
    そして恐るべし圧倒的書き込み…!

    トルケルが再登場、戦争ばかり求めている暴力男だけどなんか憎めないんですよね(笑)
    そしてトルフィン、奴隷を経てすっかり穏やかになったかと思いきや、やはり流れているのは戦士の血。
    戦いにブランクがあってもあれだけ動けるのはすごいし、
    いけないと分かっていても戦士の目をしたトルフィンは魅力的。

    ヒルドさんのキャラも好き。続きが待ち遠しい!

  • これから愉快な仲間たちとの行商の旅が始まるのかと思ったら、ヨーム戦士団の跡目争いに巻き込まれたトルフィン。ヴィンランドはますます遠く…。でもでも、この漫画って暴力を否定するくせに、世界平和を願っているくせに、殺し合いをしているところが一番面白い。なんだろうね、この矛盾。暴力から逃れられないトルフィンの業は全人類の業でもあるということか…。

  • 読了。面白くなってきた。戦いがありそうでワクワクする。

  • あああ,またいらんとこで,いらにん奴に遭っちまったよぅ.

  • 購入済み 読了
    内容紹介

    ヒルドとの戦いで負った矢傷が癒えたトルフィンは、ヴィンランドに平和の国を作るため資金調達の旅を再開する。時を同じくして、世の中が平和になり戦争がなくなってしまったと嘆く猛将・トルケルのもとにヨーム戦士団の幹部・フローキがなにやらキナ臭い話を持ち込む。奇しくも、ヨーム戦士団の本拠地があるヨムスボルグはトルフィン一行が辿ろうとする航路の途中に位置していた。新たな戦いの火種がトルフィン一行に襲い掛かる!

    きゃーカリル歩くの?
    って、ジグなにしてん!
    まだまだトルフィンの苦悩は続くのね。

  • 過去は消せない。過ちを償うために、借り物の命を誰かのために使おうとしても、過去が、亡霊のように現れて行く手を遮る。あの頃の自分とは決別したはずなのに、なのに過去に自分が犯した過ちという因果が現在に及ぼす影響からは逃れられない。
    宿命、自らの出自という血、流した多くの血と因果によって、トルフィンは巻き込まれていく。殺戮鬼から奴隷になり、旅の商人になろうとしたのに、新しい章の始まり。
    壮大すぎる大河でもあるこの作品、何もかもが連なっていく、生きることとは過去を引き連れていくこと、逃げ続けてもやがて捕まってしまう。向かい合って、それも受け入れるか死に果てるか。すべての命がそうであるように。

  • 血筋ゆえ争いから逃れられないトルフィンが、自身の血統とどう決着をつけるのか。落としどころをどう描くかたのしみです。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年5月4日生まれ。神奈川県横浜市出身。血液型B型。
「モーニング」掲載の『プラネテス』でデビュー。現在は「アフタヌーン」にて『ヴィンランド・サガ』連載中。
2002年、第33回星雲賞コミック部門賞受賞。
座右の銘:「あ、一瞬待ってください、じゃ半日でもいいです」

「2017年 『ヴィンランド・サガ(20)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴィンランド・サガ(18) (アフタヌーンKC)のその他の作品

幸村誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴィンランド・サガ(18) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする