あさはかな夢みし(3)<完> (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063882452

作品紹介・あらすじ

時は平安、京の都に夢子と申す姫君ありけり。現実世界(三次元)の殿方に全く興味がなく、明けても暮れても草紙を読んでは妄想妄想。そんな腐りきった平安女子も、波乱万丈な宮仕えを経て、男女の理などを見知り給ふ。人並みの恋愛、結婚を目指す姫君が辿り着く先や如何に!『臨死!! 江古田ちゃん』で現代社会に痛烈な風刺とユーモアを炸裂させた瀧波ユカリが、今も昔も変わらぬ「ヒトの浅はかさ」を描く平安絵巻、ここに完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大好きなのに3巻買いそびれてたのをようやく入手、
    そして中盤以降ボロ泣き…

    平安中期の宮廷女子ライフ、
    主人公をはじめとする架空のキャラクターが、
    実在の人物と巻を追うごとにぐいぐい絡み合っていく面白さがたまらないんだけど、

    それでも1巻はまだ虚の方でのギャグの勢いが強かったのが、
    ここに来て虚実それぞれのキャラの存在感が
    等しく立ってて凄い…

    これが最終巻なのはすごく残念だけど、
    このラストの持っていき方考えたら、
    ここで終わりで正解か。

    あー良いもの読んだ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

漫画家。北海道生まれ。著書に『臨死!! 江古田ちゃん』『あさはかな夢みし』『モトカレマニア』(以上、講談社)、エッセイ『はるまき日記』『ありがとうって言えたなら』(以上、文藝春秋)など多数。

「2023年 『わたしたちは無痛恋愛がしたい ~鍵垢女子と星屑男子とフェミおじさん~(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀧波ユカリの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×