亜人(10) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.72
  • (16)
  • (51)
  • (39)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 819
感想 : 20
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063882483

作品紹介・あらすじ

フォージ安全ビルでの激闘は永井圭と亜人管理委員会のトップ・戸崎たちが組んだ共同戦線に壊滅的打撃を与えた。圭は母との電話の後に姿をくらまし、亜人テロリスト・佐藤は厚生労働省と接触を図る。だが戸崎を始め、生き残った者たちは、このままで済ませるつもりはない。チームは再び立ち上がり、反撃の準備を着々と進める。さらに、国内第001番目の亜人が明らかになり、佐藤が亜人として目覚めた瞬間も描かれる最新刊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    フォージ安全ビルでの激闘は永井圭と亜人管理委員会のトップ・戸崎たちが組んだ共同戦線に壊滅的打撃を与えた。圭は母との電話の後に姿をくらまし、亜人テロリスト・佐藤は厚生労働省と接触を図る。だが戸崎を始め、生き残った者たちは、このままで済ませるつもりはない。チームは再び立ち上がり、反撃の準備を着々と進める。さらに、国内第001番目の亜人が明らかになり、佐藤が亜人として目覚めた瞬間も描かれる最新刊!

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 16:21:23.17

  • 最終決戦に向けての各々の決断の回。今回はバトルシーン(佐藤を除いて)はないけど見所あり、名言あり。表情の緩急?落差が激しく引き込まれる。圭の母親も戸崎さんも圭もカッコイイです。さぁ、最後の戦いへ……田中はどうする?どうなる?

  • 第44話、血筋:母に電話
    第45話、U&I:婚約者の死
    第46話、おはよう、またあした:普通に暮らす亜人たち
    第47話、Call of Duty:Infinite Warfare:佐藤、1回目の死
    第48話、負け犬共:帰ってきた永井

  • 「大切にするということは、
    その人のために行動し、実現することよ」

    永井圭の母格好良すぎた。

  • 左脚を失って軍を除隊したサミュエルはアーケーダーに転身!ある日、軍での経歴を買われ日本へ招致される…。
    サミュエルの真意がどういうものか経緯が描かれている。かっこいい。

  • 息子・圭を突き放しながらも理解する母。米国での亜人研究の実態を垣間見せる作者。帽子の男・佐藤の素性が明らかになる。最終決戦(?)への期待を抱かせる巻だった。

  • 亜人「佐藤」との最終決戦に向けての助走にあたる巻
    したがって作者が得意なアクションシーンもなく、おもしろくない

  • 永井母すごい.戸崎の決心,もう守るものもない.ドブネズミでも夢を見る.GPSなんて付けたって亜人は簡単に取り外せるだろうけど,それを受け入れてるんかね.最初から亜人ではなかったってことだから,どこかで亜人になるんだろうね.永井のそれは苦しい言い訳だな.

  • 人物画の顔の線位置が凄まじくて、ツルっとしてる時がこわすぎ。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。男性。
2008年アフタヌーン四季賞で大賞を受賞。
2012年から「good!アフタヌーン」で『亜人』の連載を開始。

「2017年 『亜人(11)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜井画門の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×