BLACK‐BOX(4) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063882520

作品紹介・あらすじ

“殺人DNA”ボクサー・石田凌駕は、キック界から転身した志藤レオンと階級的に不利な条件でのマッチメイクを受けた。心の奥底に秘めていた魔物を解き放たれた凌駕。順調な仕上がりを見せるレオン。試合当日、双方むきだしの殺意がリングを漆黒に染めるーー!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 凌駕VSレオン の一騎打ち。相手を間違えるまで一心不乱にボクシングし続け、我を失っても闘い続けるのが熱い。相変わらず殴り合いのシーンがサイレントで抜かれてるコマに目を惹かれる。漢くさくて非常に良い

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

『GOTAVOICE』で1987年アフタヌーン四季賞春のコンテスト準入選受賞。代表作は『地雷震』『鉄腕ガール』『スカイハイ』『爆音列島』『SIDOOH』『ヒトヒトリフタリ』など。

「2020年 『NeuN(6)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋ツトムの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×