巨娘(4) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 66
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063882667

作品紹介・あらすじ

焼き鳥屋のジョーさんは巨娘です。身長181cm。どんな男よりも男らしく、圧倒的な力で他を制圧する存在感。それ故に巨娘なのです。焼き鳥屋の威信をかけて、料理対決にものぞみます。人には厳しく接しますが、その中にある優しさに親子の絆を再確認する家族もいます。巨娘の周りの人々は彼女の力に触れ、それに屈するところから自らの生き方を見つめ直します。巨娘の前では、今日も人間ドラマが繰り広げられるのです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回も素晴らしい☆ジョーさんみたいな人が本当にいたらいいなぁ!バカ上司をジョーさんにやっつけてもらいたい(笑)子供に暴力ふるう大人なんて同じことをやられればいいと思う。

  • 不正が仕込まれた勝負を正面から叩っ斬り、日々成長を見せるバイトリーダーの背中を力強く後押しし、いじめられてた女の子が力強く蘇るエールを送り、仕入先の牧場を荒らす山の神と言われる巨大な猪を葬り去る。この巻も力強く雄々しい巨娘。ただこの巻は彼氏と戦友なその妹が登場しなかったなあ。あと、安易に会社や社会を批判するが野生で私やあの猪と勝負して生き残れると思うのか、て檄が響く。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1997年、投稿作品『神戸在住』にてアフタヌーン四季賞を受賞。同作品は2006年まで続く連載作となった。2002年には第31回日本漫画家協会賞新人賞も受賞している。その他の連載作品には、京都の女子高を舞台にした柔道漫画『からん』、ボクシングを題材にした『マイボーイ』がある。
現在は月刊good!アフタヌーン誌上で焼き鳥チェーン店を舞台にしたコメディ『巨娘』を連載中。

「2018年 『巨娘(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村紺の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×