月に吠えらんねえ(7) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (9)
  • (8)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 154
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063882674

作品紹介・あらすじ

第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門・新人賞を受賞! 萩原朔太郎作品や北原白秋作品のイメージをキャラクター化し、評論や研究でさえ言及できなかった深みを、漫画ならではの自由さで近代詩と日本の近代を描ききった快作。最新刊では主人公・朔はついに親友・犀に再会するが……!? 物語は核心に迫る詩歌俳句エンターテインメント!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • "「相当悪そうだな ひどい顔してるぞ」
    「おまえの顔だって見えないけど ひどそう」
    「はあ?」
    「顔が見えないってなんだ?」
    「おれ お前の顔見えないんだよ」
    「なんだそりゃ」"

  • 朔がいつにも増して具合悪そうでちょっと興奮する。

    悪いこと恥ずべきこととして無かったことにされたものへの視点と考えればとても優しい視点。
    悪意なくよかれと思って携わった人、もしくは気がすすまないながら強いられた人、を考えたら善悪というより間違っていたというのがしっくり来る。

  • まず表紙がいい。屈託のない笑顔が切ない。内容はまだまだ錯綜していて朔さん一巻からどんどん苦しくなってるんだけどなんとなく何処かへ向かっている感じはする。

  • 今回も最高でした!
    今後、どうなっていくのかますます気になる!!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

四季賞2000年夏のコンテストで、応募作『孤陋(ころう)』が大賞授賞。アニメーション監督・新海誠氏の『秒速5センチメートル』のコミカライズ企画に抜擢され、月刊アフタヌーン2010年7月号から連載開始。オリジナル連載『まじめな時間』を2012年2月号から連載開始(全2巻)。日本の近代詩歌俳句を2次創作し話題を呼んだ『月に吠えらんねえ』(全11巻)は 2017年第20回メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞。

「2021年 『月に吠えたンねえ(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清家雪子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×