大上さん、だだ漏れです。(1) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (9)
  • (21)
  • (17)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 204
感想 : 18
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063882704

作品紹介・あらすじ

わたしのアソコ、あばかないでっっ!!  「男子のアレって仕組みどうなってんの?」 エロいことに興味しんしんだが、それをひた隠しにしている女子高生・大上さん。こんなのバレたら生きてけない……肩身が狭いながらも平和に過ごしていたはずが、クラスの柳沼(やぎぬま)くんと接したことで、リビドーがモロ出しになってしまう! さわりたいけど、さわれない! 純情な妄想が暴発する思春期エロラブコメ、全力発射!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全7巻

  • 全7巻、読了。

  • 触ると気持ちが声に出てしまうという設定

  • 978-4-06-388270-4 206+2p 2017.6.23 1刷

  • ドタバタラブコメといえないこともない。
    設定を使った物語の作り方が上手い。ただのエロ漫画なんかではなくて、共感できる。
    あと、主人公の女の子がかわいい。クセのある独特のかわいさ。
    続きも読みたい。

  • 「人事なき戦い」とは…

    指毛の存在については私も常々そう思ってた!!感動!!

    やっぱり男の人目線だなーと感じる。

  • ぼっち女子が友達を増やしていく話。男体の謎とエロ妄想が止まらない女子高生と体が触れると相手が本音をしゃべってしまう体質を持つ男子高校生が友達になる。

  • 性への関心が強い大上さん。
    純粋な男性器への興味だったり男子の気持ちだったり男子の行動だったり、そしてそれに妄想まで加わって頭の中エロいことでいっぱい。
    みたいな状態が異常だということもわかっている大上さん。
    口を開けばいらんことを言いそうだと友達もできずにいたのだが、
    ひょんなことから、同じクラスで自分と同じように1人でいる柳沼くんに興味を持つようになる。

    そして柳沼くんがなぜ自分と同じように1人でいるのか。友達がいないのか、その理由を知る。

    柳沼くんの秘密を知るシーンの言葉は、大上さんにとって「終わった……」って思う言葉だし、でもだからこそ、この2人の今後の関係が良い方向に作用したのではないかと思います。
    キッカケはシモだし、仲良くなり始めたのもシモだし、シモだらけだけど、今まで嫌な特殊能力だった柳沼くんの能力が、大上さんと関わるようになって良いように作用することが多くなりそうで、笑えるんだけどちょっとほわんと幸せになれるお話でした。
    続き気になる!

  • かわいい。
    思春期の女の子だもの。女の子も色々考えちゃうよね。
    かわいいふたりにかわいい友人たち。頑張れ思春期。

  • 触れると本音をさらけ出させてしまう柳沼くんと、頭の中はエロいことでいっぱいな大上さんのお話。
    大上さんは中学時代のトラウマがありながら、教室で性の本を読んでいるだなんて本当にエロに興味しんしんだなぁ。
    見た目は怖いけど、友達がほしい松隈くんがすき。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2010年アフタヌーン四季賞秋のコンテストにて、佳作受賞。
代表作に『じごくあね』(全4巻・小学館)、『きれいなあのこ』(新書館)。
2016年10月より「アフタヌーン」で『大上さん、だだ漏れです。』を連載開始。

「2020年 『大上さん、だだ漏れです。(7)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田丸悠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×