ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録(3) (モーニング KC)

  • 講談社
3.60
  • (5)
  • (12)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 86
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063883121

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どうやったら美女失踪と便器盗難事件が結びつくのか、島田氏の頭の中を覗いてみたい…。
    疾走する男は新たな御手洗がみられて面白かった。
    とはいえ、疾走する男の遺体はあんなに運良く吹っ飛ぶものなのか…。

  • 石岡くんの驚愕顔を見る度に、そろそろ御手洗のアレぶりに慣れようよ、と苦笑しながら読む。
    やっぱり、大胆な探偵と小心者のワトソン君という組み合わせは外れが少ないのかもしれない。
    島田荘司の超あとがきを読むのも楽しみで、『疾走する死者』の原作は70年代の東京を写して書いてあるとあるが、漫画になった時の違和感の無さや、親和性の高さもまた面白い。

  • 二つの事件がつながっている、と考えるところがすごい。
    どの話も犯人がぜんぜんわからない。

  • その奇想天外さもひっくるめて、
    ストーリーは面白いですね~w。
    ただ、これは好みの問題でしょうが、
    やはり3巻目になっても絵には多少慣れません。
    キレイなんだけど、ちょっとくどくて(^^;。

  • 相変わらず濃い。でも御手洗さんを表現するなら、これぐらい非現実感があるほうがいいのかもしれないなー。石岡君の退化描写は悲しくなっちゃうので見てられない……。

  • 面白かった〜!御手洗かっこよすぎる。

全6件中 1 - 6件を表示

原点火の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×