聖☆おにいさん(10) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.98
  • (155)
  • (263)
  • (144)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 2456
レビュー : 150
  • Amazon.co.jp ・マンガ (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063883343

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ウンコとoh…仏教徒が爆笑ポイントでした。

  • 今回は、イエスの天のお父様がいっぱい出演しています。
    焼肉と聞いていてもたってもいられなく、来てみたらバーベキューで、野菜多めでガッカリ・・・という。
    カインがアベルを殺しちゃう~~ヾ(;´▽`A。

    そして、今巻で初めて出てきた?と思う方二人。
    サンダルフォンさんとヨハネちゃん。
    誰の福音書が一番かは置いておいて、聖母マリア様の老後を看取ったヨハネちゃんがナンバー1だそうです(* ̄∇ ̄*)。

    でも、一番ツボだったのは、ブッダの断食萌え。
    断食の話になるとハァハァしちゃう断食好き。
    あらゆる煩悩から解脱したはずなのにねぇ~<(; ^ ー^)。

  • あいかわらず面白かった〜
    サンダルフォンいいね。
    ペトロとアンデレ兄妹が好きなんで、出てきてくれて嬉しい(^_^)
    ルシファの友達に前髪で目が見えてない子がいるけど、可愛くて気になった。

  • 相変わらずシュール(笑)
    宗教に疎くてもクスッと笑えるネタがすごい。
    特にデッサンの回とお花見の回。ブッダのオフ会(笑)
    一見イエスの方がぶっ飛んでる気がするのに、ブッダの変なツボに毎回笑わされる、安心して読める異世界っぽい日常ギャグ。

  • いつも通り。
    だがそれがいい。

  • なごむ…。

  • 9巻で一回飽きたかなーと思ったのだけど、10巻はまた面白くなってきた♪ なぜ大天使が教会で懺悔するのだ(ノ∀`)サンダルフォン登場、背の高さが素敵☆

  • 天使たちが好きです。

  • クロッキーのブッダが描いた絵に笑撃。あとマリアさんネタも面白かった。サンタクロースやホワイトデーに振り回されるイエスも可笑しかった。あ、鍵ネタもww 今巻はけっこう当たりの巻だったな〜(笑)

  • 意識の高い蚊

著者プロフィール

中村 光(なかむら ひかる)
1984年生まれ、静岡県出身の漫画家。2001年、16歳(高校1年生)の時に「海里の陶」が『月刊ガンガンWING』掲載され、デビュー。
2004年『ヤングガンガン』創刊号から『荒川アンダー ザ ブリッジ』を連載開始し、アニメ化、テレビドラマ化、映画化される大ヒット作となる。また、2006年『モーニング・ツー』にて『聖☆おにいさん』を連載開始。こちらもきわめて高い評価を受け、2009年に手塚治虫文化賞短編賞を受賞。劇場アニメが公開され、実写ドラマ化も予定されている。

聖☆おにいさん(10) (モーニング KC)のその他の作品

中村光の作品

ツイートする