バガボンド(37) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.11
  • (85)
  • (72)
  • (47)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 904
感想 : 58
  • Amazon.co.jp ・マンガ (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063883404

作品紹介・あらすじ

剣に生き、鬼と化す――。土に生き、土に死す――。一世限りの孤独な鍛錬を、現世の剣に活かす武蔵と、後世の土へと託す秀作。理解し合えぬ二人の生き様は、か弱き稲の命を介し、やがて交叉し、予期せぬ実を心につけてゆく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私待つわ

  • 1巻から全巻購入して読み終えたのがひと月ほど前.新しい漫画ではないので,売っている書店がほとんどなく.結局三省堂神田本店に何度も足を運んでしまった.

    完結していないことについていろんな意見が出ているらしいが,この絵を書き続けることは並大抵なことではないなと素人でもわかる.

    最近エヴァンゲリオンが完結したが,あれだって最終作はあしかけ8年近くかかって制作されている.バカボンドだって同じようなものだろう.著者には長生きして漫画をかいてほしい.

    37冊をとおしで読むと,強さを通じて人間の弱さを描き続ける中で,著者自身の世界観がアップデートされてきたことが伝わってくる気がした.

    予定調和なオチや結末に回収されず,8合目まで上りつめた感じだろうか.もう十分いい眺めではある.このままくだったって十分楽しかったと言える.どうせ暇つぶしの人生だ.とはいえ頂上からの眺めをみてみたいと思うのが人というもの.

  • 継ぎがない

  • 稲作を通じて、武蔵は弱い者の存在に気付く。
    価値観の転換。
    成熟の過程を、剣とは「畑違い」の農業を通じて描く。
    さすが。

  • 自然との対話編、思ったより長かったな~。でも、ひたすら内に向かって自己との対話を続けても、究極には辿りつけんってことだろうし、そういう意味で今回、全くフィールドの違う人との触れ合いが必要だったんでしょう。ここでまた一皮向けて、いよいよ最終決戦に向けて準備万端、って感じでしょうか。それとも、まだまだ先がある?

  • 農業編が終わった模様。秀作から学んだ事がこんご武蔵にどう影響を与えるのか、愉しみ。

  • なんと
    人が生きていることか。
    もはや芸術なんじゃないか。

  • 稲が育って良かった。米作りをする宮本武蔵もなかなか良かった。小倉に行くことになるが、この巻で中断しているのが残念。続きを読みたい。。

  • 確かにこの巻で途絶えているのは分かる気がする。一区切りしているもんな。内容的には田んぼから哲学的にって感じですかね。

  • ふんがぁ!!

全58件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ、鹿児島県出身。北条司氏のアシスタントを経て、1988年『楓パープル』でデビュー。 90年から連載を開始した『SLAM DUNK』は累計1億部を超える大ヒットとなった。98年より「モーニング」にて宮本武蔵を描いた『バガボンド』を大人気連載中!! 車椅子バスケを描いた『リアル』は「ヤングジャンプ」にて不定期連載中。

「2014年 『バガボンド(37)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上雄彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×