先生の白い嘘(2) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.88
  • (13)
  • (27)
  • (13)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 249
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063883770

作品紹介・あらすじ

「知らないの? 女が正しく生きられないのが誰のせいか」美鈴が思わずぶつけてしまった本音に、新妻は強く強く反応する。婚約者の美奈子を気遣うふりをしながら、SEXをしようとしない早藤は、美鈴をレイプし続け、美鈴もそれに抗えない。心と体が、女であり男であるという役割が、軋み、悲鳴をあげる――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ただただ不愉快…
    この話の伝えたい事がよく分からない。
    どの女の気持ちも全く共感も理解もできない。
    こんなに女って性消費される事に何も感じてないのか?作者が女って事で余計混乱する。

  • 萩尾望都さんのメッセージがドンピシャ!
    苦手な人は苦手なジャンルだろうけど、読まずにいられない力がある!!
    おんなのいえとは全く雰囲気違う!!
    けど面白い!!

  • どうしたら美鈴を救える?
    続きはどうなる?

    苦しい、でも、目が離せない。

    物語のあとがきに載っていた萩尾望都さんの推薦コメント、素晴らしい。

    やはり、この作品がもつ「ただものではない」オーラは正しかった!!!

  • これは、すごい作品になりそう。男女平等だのフェミニズムだのなんだのそんな言葉が全くの無効に思えるほど、現在のおとこの立ち位置、女の立ち位置を鋭く示している恐ろしい作品。。これ、読み耐えられる男は少ないだろな。。俺、男だけど。。

  • 面白いけど、もやっとする。
    早藤はゲスいし、おんなたちはこわい。
    萩尾望都先生のあとがきで、この漫画のすごさがわかった。

  • 美鈴が思わずぶつけてしまった本音に、新妻は思いもよらぬ反応をしてしまう。
    一方、婚約者の美奈子を気遣うふりをしながら、彼女を避け始めた早藤は、美鈴を呼び出して…。

    早藤はなぜ美奈子と婚約したのかが不思議でならない。
    彼女に対しての愛情が全然感じられないので(冷めたのかもしれないけど)、どうして彼女とは切れないのかなぁ…と。美奈子ってたぶん早藤の好きなタイプじゃないよね?
    美奈子も薄々気づいてる感じがするけど、どうして早藤なんだろうなぁ…。ある意味この二人、引き合うものがあるんだろうか。

    一方、新妻くんが期待した通りに転がっていくので、今後が楽しみです。
    ただ、ミカと付き合い始めたのと、ミサカナに先生のこと話しちゃったのはちょっとマズイかったかな~と思わないでもない。ミサカナは新妻くん狙いなのか否かが気になるところ。

  • 萩尾望都先生が巻末にコメントを寄稿されている。

    何かの記事で、セックスに快楽が伴わない場合、人間は「子孫を残す性行為を行わなくなる可能性がある」と書かれていた。人間の本能がそうだったとしたら、何ゆえに女性側の肉体に主導権を持たせなかったのだろう。馬鹿げた話かもしれないが「生殖」目的の場合にのみ開口部が現れる等の進化を遂げても良かったんじゃないだろうか。

  • ますます深みにはまる。もう出てくることができないんじゃない?

  • 1巻で早藤はくずだなーって思ったけど、くずどころか鬼畜だった。
    あまりにもひどすぎる。
    でもあんなのにハマっちゃう女子もいるんだなー。そこは全く共感できない。

    美奈子の鬱憤もたまってるし…。

    そして新妻くんは美鈴先生が気になる様子!そこにミサカナもからんできてなんかおもしろい展開になってきた!

  • 1巻たしか面白かったから2巻も。思春期って感じ。w

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。’81年、大阪府生まれ。’04年デビュー。10代女子向けの不定期カルチャー誌『Maybe!』(小学館)にて、「前略、前進の君」、『週刊SPA!』(扶桑社)にて「ロマンス暴風域」、『ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA)にて「マンダリン・ジプシーキャットの籠城」を連載中。 10月23日に完結巻が発売の『先生の白い?』が男女の性の不平等と不自由を抉り出す衝撃作として大きく注目される一方で、『おんなのいえ』(講談社)は「このマンガがすごいオンナ編」で9位(2014年)に、『地獄のガールフレンド』(祥伝社)も16位(2016年)にランクインと、連載作品すべてに注目が集まっており話題に事欠かない。

「2017年 『ロマンス暴風域』 で使われていた紹介文から引用しています。」

先生の白い嘘(2) (モーニング KC)のその他の作品

鳥飼茜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

先生の白い嘘(2) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする