子供はわかってあげない(上) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.23
  • (110)
  • (91)
  • (38)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 763
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063883794

作品紹介・あらすじ

ひと夏の自由、はじまりはじまり。

「KOTEKO、好きなのか?」 
「ああ、かなり」
サクタさん(水泳部)と
もじくん(書道部)は
学校の屋上で出会った。

読むとうっかり元気になる、
お気楽ハードボイルド・ボーイミーツガール、
開幕なんです!

水泳×書道×アニオタ×新興宗教×超能力×父探し×夏休み=青春(?)。モーニング誌上で思わぬ超大好評を博した甘酸っぱすぎる新感覚ボーイミーツガール。センシティブでモラトリアム、マイペースな超新星・田島列島の初単行本。出会ったばかりの二人はお互いのことをまだ何も知らない。ああ、夏休み。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◆なんか、うまく言えないけれど、私が大事にしたいことが詰まっていて、じわーっときて、きゅんとする。こんな絵なのに。こんな絵なのに。◆ケロロのストラップが、こんなハートウォーミングな小道具になりうるとは!

  • 本線は青春モノには違いないが、舞台設定、人間関係の設定……この辺の「装置の設定」がなんとも不思議、斬新さでかなり評価が上がった感じがする。ポップなんだけど独特のコードで作曲してある、みたいな。2作目、3作目がこのくらいの斬新さで出るかどうか。

  • 読み終わった後に今までこんなこと一度も思ったことなかったけど、「あー、高校生にもう一度戻りたい!」ってなりました(笑)。

  • 気になって手にとってダラっと読んでましたがこれは面白い。読み進めるごとにどんどんページをめくりたくなる。

  • 最初は何にも引っかかる事が無かったけど、読み進めていくうちにどんどん引き込まれた。最後なはすっかり虜になりました。青春ですね。良い漫画でした。

  • 特に派手な何かは起こらないのだけど、まったり進んで黒田硫黄みたいなテイストを感じる作家。図書館で借りてきたのだけど田島列島、この名前は覚えておこう!

  • 水泳部の少女と書道部の少年の夏休みの冒険。新興宗教の教祖が金を持ち逃げした事件をオカマの探偵が探る、という物語を軸に展開される前半部。ミステリ要素だけでなく、映画や小説などの引用やパロディもあり、上質なエンタテインメントになっている。2015年マンガ大賞の2位らしいが、これを上回る1位って何だったんだろう。

  • 上下巻イッキ読み 甘酸っぱくて美しい 青春の恋心 胸が苦しくなるくらいスキ という気持ちを こんなに綺麗に見せてくれた さすが お勧めされるだけある いい漫画だと思いました

  • こーゆー話好き。

  • goo

全58件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

田谷野歩のペンネームで『ごあいさつ』『官僚アバンチュール』と読み切り作品を「モーニング」に発表。掲載されるたびに話題を呼ぶもののしばらく沈黙していたが、このほど本格再始動。ペンネームを変更して『おっぱいありがとう』『お金のある風景』『ジョニ男の青春』と味のある読み切りを連発し、本作『子供はわかってあげない』で連載デビュー。2008年前期MANGA OPENにてさだやす圭賞を受賞。

「2014年 『子供はわかってあげない(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

子供はわかってあげない(上) (モーニング KC)のその他の作品

田島列島の作品

子供はわかってあげない(上) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする