GIANT KILLING(33) (モーニング KC)

  • 講談社
4.33
  • (66)
  • (57)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 731
感想 : 48
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063883817

作品紹介・あらすじ

絶望的な状況の中、夏木のスーパーゴールにより1点差に迫ったETU。勢いづきはじめたチームに、達海はベンチに控えるあの男を送り込む。後半戦、3-2のスコア。勝負はまだ分からない――! 名古屋の守りを打ち崩し、勝機をつかめ!激闘の名古屋グランパレス戦、決着!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 試合の展開も熱かったけど、椿が王子にもの申した場面が一番熱かった!ETUは主力からサブまで色んなメンバーがフューチャーされるけど、一度王子にもじっくり焦点があたったところを見てみたい。椿同様、王子はもっとやれるはずだから。

  • 気持ちって大事。精神論だとバカにされてたこともあったけど、スポーツではすごく大事。試合の流れにも運動能力にも影響する。
    夏木のミラクルシュート、チームの支柱・村越の投入。キタ‼︎ 10人だし、負けてるけど、勝てる気がしてきた。チームの勢いが違う。球際の粘りが違う。逆転なるか?ETU!
    サッカーは面白い、が実感できる33巻です。ブラジル人選手のムラっ気はマリーシアと言い換えることができるみたいです。

  • 絶望的な状況にあがく、ETU。
    前回、そこに風穴を開けたかのような夏木の一撃。

    それが彼らの光明の一筋となるのか。

    そこに1人。さらなる進化を欲するもの。
    彼の行為や想いは、勝利に届くのか。

    それぞれの強みを最大限に活かし、ぶつかり合う試合はとても見応えがあった。

    今回もまた、両者にしっかりとしたドラマをもたらす良い漫画。

    次回はいよいよ、あのチームとの試合。
    今回もまた重要な一戦となることは、間違いない!

  • やったー!!はージリジリしました!!長かった!!でも胸をすく展開!!での結末。
    夏木ー!椿きたー!村越!!王子ー!!くそう王子相変わらずカッコよすぎでしょ!!持ってくわ!!って湯沢!!謎の安定感に頼もしさでやってくれる!!って、ここでガブかー!!ってもう、それぞれがそれぞれにカッコ良くてですね、興奮しっぱなしで大変でした(笑)はー読んだ読んだ。

  • 終始敵も味方も激熱!なんやこの漫画みたいな展開は!!!(漫画です)

  • 名古屋戦決着

    2点ビハインドそして1人少ないという絶望的な状況。
    それでも、次へ進もうとしたETU
    こんな試合を実際に生で見たら鳥肌ものだろうなー

    最後のガブが監督に行ったところよかったな。

  • こんな展開の試合スタジアムで見たらさぞや鳥肌ものだろうなぁぁぁ。…と今期初連敗な試合見た後読んだから尚更だ…:(´◦ω◦`):

  • 人数ではないんだね
    勝負って
    一人少ないくらいでも
    戦えるし
    勝てる
    たった一人のスーパープレイヤがいるからではなく
    いろんな思いの方向を一緒にして
    戦う力に変えていく
    結果だけ見れば得点だけなのかもしれないけど
    そこに繋がっていくのが勝負

  • ETUの反撃。打ち砕かれた不破。名古屋にも成長の兆し。村越も鹿島の五味も川瀬も、チームの顔と呼ばれる選手は皆同じようなものを抱えている。川瀬さん、好きです。頑張ってほしい。ラスト4分、笛が鳴るまで走り続ける選手、叫び続けるサポーター、監督、ベンチ。熱さの応酬。最後の最後まで興奮した。
    「タイトル獲りに行くぞ」by達海

  • 今年も天皇杯開幕ということで、ジャイキリ読書。
    引き続きグランパレス名古屋戦。
    人をポジティブにさせる夏木のゴール。飼い犬から世話係へ昇格したバッキー。当たってる湯沢。やっぱりブラジル人なガブ。そして、村越と川瀬の意地。見どころ満載。色んなドラマが詰まってる。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。1977年、北海道生まれ東京育ち。2003年、雑誌「モーニング」(講談社)から『GHOST』でデビュー。2007年、『GIANT KILLING』の連載がスタート。単行本は現在57巻。

「2021年 『GIANT KILLING 名シーンで振り返る 戦い抜くメンタル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツジトモの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×