ねこのこはな(2) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.38
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063883909

作品紹介・あらすじ

春はこはな。やうやう白くなりゆくセーラー、少し喋りて、二足で立ちたる猫の細く夏服たる。夏は猫。常の頃はささかま。闇もなほ、くわいだんのおほく飛び交いたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち残りていくカリカリはお菓子。クッキーもお菓子。秋は夕猫。夕日のささぬ台風いと近うなりたるに、あきらの寝どころへ行くとて、二つ三つの変人八神管理人など食い急ぐさへあはれなり。冬はつとめ猫。雪の降りたるは……

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こはなが相変わらず可愛すぎる!
    飼いたい!!!!!!!

    管理人さんの旦那さんが強烈だったw

  • セーラー服に見えるのは毛並みです、な直立歩行ねこまんが。
    こはなかわいい。
    ダンボールマイハウスが嬉しくて引きこもっちゃったけど、悲しいことを思い出して引き払ったり、名探偵として、世界を見つめ直したり。
    いとおしい。

  • 面白かった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

COMITIAのモーツー×ITAN即日新人賞出身のねこ。商店街めぐりをこよなく愛するねこ。

「2016年 『ねこのこはな(4)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤沢カミヤの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×