鬼灯の冷徹(17) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (36)
  • (60)
  • (52)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 916
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063884265

作品紹介・あらすじ

毎度おなじみバカ犬・シロが虫獄卒の似髻虫に尻を狙われ、空前絶後の大ピンチ!十二巻以来の登場、懸衣翁は相も変わらず働かないのにピーチ・マキのサインはきっちりおねだり! そしてこれまで芥子にヤられてるだけだった分福茶釜が、芸達者ぶりを披露! 色々あるよ、十七巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パンツ振り回しましょう。

  • 鬼灯様の嫁はマキちゃん派なので、かわいかったです。

  • シロ、面白すぎるよ!
    ムー●ーマンに吹いた。
    先輩、的確な表現ありがとう( ・∀・)

  • 毎度おなじみバカ犬・シロが虫獄卒の似髻虫に尻を狙われ、空前絶後の大ピンチ!十二巻以来の登場、懸衣翁は相も変わらず働かないのにピーチ・マキのサインはきっちりおねだり! そしてこれまで芥子にヤられてるだけだった分福茶釜が、芸達者ぶりを披露! 色々あるよ、十七巻!

  • 今巻も質が高いなー。

  • いや、なんというか雑学の宝庫になりつつというか(^^;
    冠婚葬祭・・・地獄の裁判の流れ・・・勉強?になります。
    色、心理関係、芸術って?・・・なるほど~と思いました。
    でも、今回は虫に尻をやられたイロの立ち姿がツボ!
    あんなところで鎌鼬さんが起用されてるとはね~♪

  • 毎度おなじみバカ犬・シロが虫獄卒の似髻虫に尻を狙われ、空前絶後の大ピンチ!十二巻以来の登場、懸衣翁は相も変わらず働かないのにピーチ・マキのサインはきっちりおねだり!そしてこれまで芥子にヤられてるだけだった分福茶釜が、芸達者ぶりを披露!色々あるよ、十七巻!(Amazon紹介より)

  • 春一の隣のクマさんの名前が気になる一冊。

  •  スカーレットさん、ツンデレ…!?
     かわいいよー。

     そして、一生懸命働く人の味方、座敷童ちゃん。
     怠けたときの返しが凶暴すぎるのも魅力的。
     私もハディさんのように、彼女たちにお小遣いあげちゃうよ。

     そして、すっげーモラルあるクマ。

  • 138-146

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

江口夏実(えぐち なつみ)
1983年、東京都葛飾区生まれの漫画家。女子美術大学芸術学部絵画科日本画専攻卒業後にOLとなったが、2010年に「非日常的な何気ない話」で第57回ちばてつや賞佳作を受賞。その中の一編「鬼」に登場したキャラクター・鬼灯を主人公にデビュー作「地獄の沙汰とあれやこれ」を『モーニング』に掲載。掲載作が好評を博し、『鬼灯の冷徹』と改題のうえ連載開始。

鬼灯の冷徹(17) (モーニング KC)のその他の作品

江口夏実の作品

鬼灯の冷徹(17) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする