やわらかい。課長 起田総司(1) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.04
  • (8)
  • (11)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 88
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063884326

作品紹介・あらすじ

そこそこの企業に勤める起田総司は、同期トップで課長に昇進。しかし時を同じくして、10年付き合った彼女に浮気され、あえなく失恋。心の変調は身体の変調。彼の男性機能に異変が起こった。初期ED課長・起田総司誕生。この物語はあくまで男と女の心の問題にフォーカスします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カレー沢薫の作品は当たり外れがあるが、これは当たり。
    4人のヒロインと、下ネタがよい味出してる。

  • とんでもなく童貞の僕には羨ましいイベントがこれでもか!!というくらいに展開され内容が殆どエロゲのような話だけれど、主人公がインポのため何も起こらないという所が、この漫画の下ネタを笑いへと昇華させているのかな?と感じました。そして、カレー沢薫先生の語彙センスの高さには笑いが止まりませんし、尊敬の域にさえ達する程です。特にトム•クルーズも投げ出すミッション・インポッシブルというセリフはインポとインポッシブルを掛けていてセンスがあるなーと感じましたし、股間に小動物の死体をぶら下げてるような感覚というセリフは、女性作家が思いつくセリフではないな... この人本当に天才だ... と舌を巻いてしまいました。

  • 某ブラウザゲームの関係ツイートの内容でしょっちゅう見かけるため、とうとう好奇心に負けました。
    内容はなかなかハードモードでした。

  • エレクションがさせて❗️からの なんでエレクチオンしないの〜⁉︎ ワロタ

  • いまだかつて、帯に「ふにゃちん」と書かれた商品ほ見たことない。色々アウトな作品ありがとうございます。

  • まず帯がサイテーでサイコーだった。本屋で買いづらいことこの上ない。
    内容はdモーニングで毎号読んでるのに忘れてて新鮮だった。回をおうごとに沖田課長は面白キャラになってくよなー。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

モーニング(講談社)主催の漫画新人賞「MANGAOPEN」に本名・無題で応募し落選した作品が、カレー沢薫『クレムリン』(ともに本人命名 講談社)に変容を遂げ、月刊モーニング・ツー(講談社)でほぼ即連載となり、作家デビューを果たす。ほどなくコラム『負ける技術』(講談社)も連載となり、コラムニストとしてもデビューを果たす。以来、雑誌やウェブに連載超多数、本数未詳の大車輪で体力を使い果たす。最長不倒連載作品は開始以来すでに10年を超えた東京都写真美術館広報誌別冊「ニァイズ」(2021年7月現在)。なお、本作はコミックDAYS(講談社)で毎月第一・第三日曜日に1話ずつ更新中。第24回(2020年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。おめでとうございます。ありがとうございます

「2021年 『ひとりでしにたい(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カレー沢薫の作品

ツイートする
×