西遊妖猿伝 西域篇(6) (モーニングKC)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (2)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 71
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063884487

作品紹介・あらすじ

孫悟空が挑んだ、3人対200騎のあまりにも絶望的な戦い。復讐心から魔族に囚われた少年・カマルトゥブの哀しき末路。そして生け贄の呪術師・鹿力大仙と悟空の最終決戦…「石人原の章」はここに大波乱の終幕を迎えます。そして『妖猿伝』初のスピンオフ『逆旅奇談』も初収録! なんとミステリー仕立てで、「大唐篇」のアノ人がアノ相棒と活躍!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まぁ、番外編に出てくる大人になった一升金ちゃんが素敵!!
    諸さんは西遊妖猿伝から(元々すてきな女性を描かれる方だったけど)妖艶な美女を描かれるようになったよなぁ!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1974年、「生物都市」で手塚賞入選。「週刊少年ジャンプ」で「妖怪ハンター」連載デビュー。民俗学、中国の古典、SF等を題材に、幅広い分野で活躍する漫画家。代表作に「暗黒神話」「マッドメン」「西遊妖猿伝」がある。その独創的な作風から、高い評価を受け、2000年に手塚治虫文化賞マンガ大賞、2014年に芸術選奨文部科学大臣賞、2018年に日本漫画家協会賞コミック部門大賞等、受賞歴は多い。ジャンルを越え、多くのクリエイターに影響を与えたとされる。

「2019年 『幻妖館にようこそ 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

諸星大二郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×