夕方までに帰るよ (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (23)
  • (30)
  • (25)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 393
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063885071

作品紹介・あらすじ

偽りの幸せは、絶望の味がする。

ーーひきこもってしまった、僕の姉。優しく完璧だった姿は、もう、見当たらない。

ありのままの自分で誰かと繋がることなんて、もはや幻想でしかないこの世界で、

行き場のない虚無感に立ち向かった、作者初の長編作品!

ひきこもってしまった姉、カルト教団らしき怪しげなクラブ活動に熱を上げる父母、そんな家族と真正面から向き合えない「僕」……。壊れかけた一家を通して描かれる、誰かと繋がっていたいのに誰とも「本当」にはつながれないすべての人に贈る、99%の絶望と1%の希望の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • “油断してると胸打たれる 暴力的なほどに”
    ただただこわい。人間のどーしようもないえぐみを無理やりつっこまれて窒息しそうだ…

    僕と姉を虐待していた父母はエセ宗教にはまり金をむしりとられているけどいつも笑顔笑顔笑顔。姉は引きこもりばかりを集める謎の男のアパートで段ボールの壁をつくりひきこもる。助けを求めた先生はランジェリーを着けてる変態だった。火事で家を失った僕ら家族四人は顔に被り物をして一緒に暮らすようになった。メッセージ性は強いけど受け止める方の器が小さすぎてゴメンこぼれてしまいましたわ。

  • 短編の時も思ったけれど、すごく大きな、よく分からないけれども、どこかで感じたことのある感覚を、漫画全ページ、全コマ全てで表現しようとしている気がする、

    でも…やっぱりよく分からない

  • クソかと思いましたよ。応募券が長方形じゃなくて三角形なんだ。これじゃぁダメなんだよ。これが連載デビュー作なのか。「変身のニュース」よりどちらかと言うと物語も表現も何処か地に足のついた話運びで奔放さが薄いものの所々インパクトあるコマや台詞が宮崎夏次系らしさを感じさせる。
    著者が87年生まれと年齢が近いせいかえんぴつ削りの形状とか主人公の靴とかの小物に妙な親近感がわく。
    家族神話の崩壊、鬱屈としたあの空気、コミニュケーションが不能化する中にそれでも拭い捨てきれないほんの些細な展望描く未来。
    ちっぽけな希望だけどその分削ぎ落とされた先にある集め残った希望を尊くも信じたくなる。

  • 2020.1.10
    つげ義春の系譜か。
    姉と弟って人によっては特別な関係なのかしら?
    小原慎二の「ぼくはおとうと」がふと思い浮かんだ。

    おじさんになると、生きづらさをアートにしてはいけないような気がするんだよね。

  • 前、読んだ漫画を
    もう一度、読み直してみる巻 Vol.8

  • こういう本が時々寄り添ってくれればそれでいい

  • 蝟ァ蝌ゥ縺ー縺九j縺ァ蜈千ォ・陌仙セ?b縺励※縺?◆荳。隕ェ縺悟、峨↑螳玲蕗縺ォ繝上?縺」縺ヲ縺励∪縺?@縲√@縺」縺九j繧ゅ?縺?縺」縺溷ァ峨?荳?莠コ證ョ繧峨@蜈医〒蠑輔″縺薙b縺」縺ヲ繧九@縲∝ソ?′逞帙>縲ょソ??縺ォ謔ェ縺??ゅ*繧上*繧上☆繧九?

  • 「あの完全な日々が戻らないなら」

  • 「夜中は/夢の中で好きな映画を観る/完全な私の生活//あの完全な日々が戻らないなら/博物館なんかに飾ってある大きな鹿の剥製の・・・/目玉を布できれいにする清掃員になれればと思うがそんな仕事があるかは分からない」

  • "時々さ 得体の知れない怖い夜があってさ 全然眠れないんだ
    何でか知らないが怖くて参ってしまいそうになるんだ
    こんなのはきっと恥ずかしい事なんだろうけど
    そういう時 僕は 自分の葬式の夢を見るようにしたんだ
    僕なんか死んでも誰も悲しまないだろうけど
    姉ちゃんだけは 少しは…淋しがってくれるかなとそんな事を
    思い浮かべて幸せな気分になった僕は 安心出来たんだ"

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作者の初単行本『変身のニュース』が文化庁メディア芸術祭マンガ部門「審査委員会推薦作品」に選出され、評論家や目利きの書店員から2010年代を牽引する逸材として注目を集める。その後出した短編作品集『僕は問題ありません』が、「俺マン」トップ10入り&「このマンガがすごい!」にランクイン。他の作品集に、『夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない』『ホーリータウン』『夕方までに帰るよ』『なくてもよくて絶え間なくひかる』(以上すべて全1巻)『培養肉くん』がある。

「2018年 『アダムとイブの楽園追放されたけど…(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮崎夏次系の作品

夕方までに帰るよ (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする