鬼灯の冷徹(21) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.07
  • (44)
  • (44)
  • (32)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1021
感想 : 30
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063885736

作品紹介・あらすじ

二一巻になっても相変わらずの地獄の日常ながら、いつの間にか唐瓜と茄子に後輩ができてたり、夜叉一チルドレンが物っ凄い成長してたり、実は少しずつ変わっていたりもするのです! ここらであの世の門も変えようと十王達が徹底討論! だけど先立つ物は地獄も金! 経費の無駄をそぎ落とせ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鬼灯様にクレームつけるオバチャンすごいなwww
    質問コーナーで着物の合わせってあって、ああ、案外知られていないのかな? って思いました。
    恥じらっているお香さんがwww

  • 毎回、色々なお話をきちんと描いていてすごいな。

  • 初版 帯

  • 唐瓜くんが新人教育してた。
    奪衣婆さんの詐欺撃退。素なのが素晴らしい
    鬼灯さま、ステキ上司だ。…「任せた以上失敗も成功もありますよ」

  • -

  • 早や21巻だが、よくもこれだけネタがあるものだと、感心してしまいます。
    オレオレ詐欺、クレーマー等の現在の犯罪が取り入れてあるし、
    現世の同じような予算会議、それに野外コンサート!
    乙姫様の原型の豊玉姫も登場・・・も良かったけど、
    一休禅師と地獄太夫の掛け合いがなんだか良かった♪

  • ・ゴンちゃん地獄で働いてみる。妲己様の本気
    ・唐瓜、成長する。鬼灯様の保護者ぷり好き。
    ・熱中症…と見せかけて。
    ・十王の定例会議

  • 衆合地獄の主任がついに登場!
    その人のことがすごく気になる

  • 友達より。

    夏フェス、恐い(((((゜゜;)
    何気にタオルをかけてくれる、鬼灯さんが優しくて好き。
    相変わらず、ぶっ飛んでるな~。
    楽しく読了。

  • 二一巻になっても相変わらずの地獄の日常ながら、いつの間にか唐瓜と茄子に後輩ができてたり、夜叉一チルドレンが物っ凄い成長してたり、実は少しずつ変わっていたりもするのです!ここらであの世の門も変えようと十王達が徹底討論!だけど先立つ物は地獄も金!経費の無駄をそぎ落とせ!(Amazon紹介より)

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2010年、『非日常的な何気ない話』で第57回ちばてつや賞佳作を受賞。
その中の一編「鬼」に登場したキャラクター・鬼灯を主人公にした『地獄の沙汰とあれやこれ』が「モーニング」2010年32号に掲載されデビュー。
その後数回の掲載を経て、タイトルを『鬼灯の冷徹』と改め、約9年間連載。新連載『出禁のモグラ』は絶賛連載中!

「2023年 『出禁のモグラ(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江口夏実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×