神様の横顔(2) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063886061

作品紹介・あらすじ

1935年、演劇を学ぶ少年たちが集う千鳥芸術学校。激しい努力を重ねる少年・千鳥敬太郎は、新入生・麦蒔摂の“才能”に打ちのめされ、焦がれていた。一方、亡き双子の兄の身代わりとして、女性であることを隠して入学した摂は、次第に敬太郎に惹かれてゆく。才能を競い、格闘する二人は、ともに同じ夢を見ていた――。男子だけの演劇学校を舞台にした、宿命のライバルの物語。情熱が加速する第2巻!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もう、この白黒な対比が堪らなく好き。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

栃木県出身。1997年、「コミックライズ」に掲載された『きのうの裏庭』でデビュー。
以後、成人誌から青年誌に活躍の場を移し、『つゆダク』 『ハクバノ王子サマ』 『セルフ』(以上全て小学館)を発表。人間のエロスと葛藤を描き出す骨太なストーリーで、男女問わず人気を集める。
また、仏教をテーマに「生と死」を真摯に問いかけた『お慕い申し上げます』(集英社)も大きな反響を呼んだ。
2013年に、『ハクバノ王子サマ』はテレビドラマ化されている。他の著書に『黒髪のヘルガ』(太田出版)などがある。

「2019年 『神様の横顔(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

朔ユキ蔵の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×