ゴールデンゴールド(1) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.04
  • (27)
  • (47)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 347
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063886153

作品紹介・あらすじ

人の願いを叶える存在を
我々は、神とも、悪魔とも呼ぶーー。

福の神伝説が残る島・寧島で暮らす中2の少女、早坂琉花
ある日、海辺で見つけた奇妙な置物を持ち帰った彼女は、
ある「願い」を込めて、それを山の中の祠に置く。
すると、彼女の目の前には、“フクノカミ”によく似た異形が現れた――。
恋心を抱く同級生を島に引き止めるため、
少女が抱いた「願い」を“フクノカミ”は叶えてくれるのか。

福の神伝説が残る島・寧島で暮らす中2の少女、早坂琉花。ある日、海辺で見つけた奇妙な置物を持ち帰った彼女は、ある「願い」を込めて、それを山の中の祠に置く。すると、彼女の目の前には、“フクノカミ”によく似た異形が現れた――。幼なじみを繋ぎ止めるため、少女が抱いた小さな願いが、この島を欲望まみれにすることになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鄙びた離島の日常が異分子によって侵略されていく。
    ホラーなのか伝奇なのかオカルトなのか、なんともジャンル分けが難しいボーダレスな面白さ。特筆すべきはやはりフクノカミの得体の知れぬ不気味さ。見た目は七福神にいそうなでっかい赤ん坊なのだが、常に細目で笑顔なのが抜群の気味悪さ。
    三巻の例のシーンはトラウマ級の衝撃間違いなし、久しぶりに漫画で鳥肌が立った。それ位生理的嫌悪を催す。

    そしておばあちゃんの変貌も恐るべし。最初は孫想いのどこにでもいる祖母だったのが、だんだんとフクノカミに感化され、島の経済を回す欲の権化となっていく。
    フクノカミのご利益にあやかろうと群がる住民の確執と軋轢、悲喜こもごもが薄ら寒い。
    平和な日常が異物の侵入によって軋み始め、平凡な人々が狂い始める様子が、琉花の片想いと同時進行で描かれていく。
    個人的にはドラマ化したら面白そうだと思った。

  • いやー面白い

    ジャンルとしては怪奇モノなんだろうけど、この1冊の中に様々なジャンルが詰まってる

    まずネームがいい、小気味よい台詞回し、表情、描写
    島民のやり取りもそうだし、女子中学生の恋愛観や挙動もまたリアル

    何より非日常と日常のバランスが絶妙で、これは没入しちゃうよねといった塩梅



    「この島にーアニメイト建ちますか」


    おかしな事が色々起こるけど、主人公にとって一番大事なのは好きな子の転校ってとこが最高

  • 絵柄は怖いし普段は読まないが、設定が作り込まれてるし、引き込まれる。展開がすごくテンポ良く飽きない、きになる。

  • 表紙に惚れて、買って読んでみた。
    描写が先ず良いし、なによりこの奇妙さが最&高!!に面白い。 2巻は絶対に買おう。

  • コミック

  • ダ・ヴィンチプラチナ本 2017年4月

  • 民俗だ!オカルトだ!!やったー、好きなやつ!!!
    方言の心地よさとけして薄暗くない(しかし淀んでいないわけではない)田舎が好ましい、そしてこの平和な田舎がどうなってしまうのかという不安。
    田舎育ち的に黒蓮先生たちの田舎のステレオタイプ打ち砕かれるところはけっこう楽しかった

  • 何と言うかとんでもない作品を読んでしまった気分だ……
    異形の存在に少しずつ日常が侵食されていく筋書きの作品なんて幾つも有るけれど、本作はそれらとは少し違うような気がする。

    主人公の琉花がフクノカミを目覚めさせたことで始まる怪奇現象。と言っても第一巻で描かれるのはホラー漫画のような恐ろしい展開が連続するわけではなく、フクノカミの見た目に目を瞑ればどこかコメディ要素すら感じられてしまうライトな描写が殆ど
    だから次はどんな怪現象が起こってしまうのかとワクワクしてしまう

    むしろ本作では琉花がフクノカミを利用して自分の恋心をどのように成就させていくかが気になってしまう

  • ~3巻
    意外な展開が面白い。今後に期待。

  • 不思議な展開、フワッとしてるけどキャラに魅力あるね

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

広島県生まれ。高橋のぼる氏と能條純一氏に師事。連載デビュー作『刻刻』で一躍注目を集め、同作はマンガ大賞2011にノミネート。最新作『ゴールデンゴールド』が、このマンガがすごい2017〈オトコ編〉 第5位に入り、マンガ大賞2018にノミネートされる。

「2020年 『ゴールデンゴールド(7)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀尾省太の作品

ゴールデンゴールド(1) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×