カバチ!!!-カバチタレ!3-(12) (モーニング KC)

  • 講談社
4.00
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063886191

作品紹介・あらすじ

住吉に恋の季節、到来? お相手は敏腕経営者、と思いきや、彼が部下の裏切りで大ピンチに! 法律で恋も成就なるか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回は事務所唯一の女性、住吉さんの恋物語。
    出会いは住吉さんが人脈づくりのために参加したとある会合で。
    住吉さんがオッサンにセクハラされている所を助けてくれた、それが縁でその男性と連絡を取り合う仲に。
    彼は企業して広告代理店をしている男性。
    少し押しが強い所もあり、どうなんだろう?と思いつつも彼にひかれていく住吉さん。
    所がそんな折、彼の会社が大変な事に。
    彼の企画した案を社員3人が盗用し、その仕事をまるごとのっとってしまう。
    さらには彼の事務所の真ん前に新しい事務所を作り、他の社員も引き抜くという非常事態に。
    たった一人になった彼は落ち込むがそんな彼に住吉さんがとった行動は・・・。

    最初、住吉さんがこのマンガに登場した時はてっきり主人公といい仲になるんだろうな・・・と予想していたけど、全くその兆候なし。
    だけど、田村もつきあいかけた彼女とうまくいかなくなったり、今回住吉さんも好きな人ができつつちょっと違うな・・・となったりで、その線も捨てきれないのか・・・と勝手に思ったりした。
    それにしても、この男性今回だけで終わらず今後も登場しそうだけど、どうなるんだか・・・。
    アクの強い男性と気の強い住吉さん。
    あんまし合わない気がするんだけどな・・・。

  • この巻は、女性行政書士の住吉さんがメイン。
    広告代理店の社長を助けようとする話。
    部下の離脱、社長との恋、人間味あって面白かった。

  • 広告代理店のアイデアを盗み、別会社を起こす。不正競争防止法とかいう話がテーマ。法律話としてはあまりおもしろくない。それが住吉の恋話になって、ちょっと興味深かったのだけどあまりうまくはいかなかったよう。違法駐車したら1万円というような看板があるがそれに対する法律的解釈が面白かった。契約は双方が認めないと成立しないので、1万円というのは一方だけのもので契約にならない。駐車料の相場から1時間あたりの金額を出してそれを払う義務はあるとのこと。となると1時間で30円とか。なるほど。

  • 30代後半なのか...

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1972年広島県呉市生まれ。高校を卒業後、設計・製図会社に就職するが「漫画家になる」と社長に宣言し、1年で退職。1996年に、従兄弟・田島隆の紹介により、青木雄二氏と出会い、大阪に出ることを決意。半年間『ナニワ金融道』の作画を手伝う。1998年、処女作『五番街』で「ヤングマガジン」のちばてつや賞入賞。1999年より「モーニング」にて『カバチタレ!』、2005年より同誌にて『特上カバチ!!』、2001年より「イブニング」にて『極悪がんぼ』を連載。2009年9月より『激昂(ブチギレ)がんぼ』を連載。2013年5月より『カバチ!!!』の連載を開始した。大阪府大阪市在住。

「2021年 『カバチ!!!-カバチタレ!3-(39)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東風孝広の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×